トップページ | 2005年4月 »

国公立東京都大会結果報告

05-03-29_15-05_1
050328_123200
団体戦 予選リーグ(リンク制、5校中2校決勝リーグ進出)参加校数41校 
      1勝1敗 リーグ敗退

個人戦 参加者総数264名
      86kg超級 5位入賞
     
予想以下の結果でした。

今まで公立高校とは対戦したことがありません。ましてや、対戦するとしても都大会のみ。どこの学校もスポーツ推薦で集められた私立に支部予選にて敗退し、顔を合わせることがほぼありません。また、先生方の公立学校間の移動があるので、どの学校が一生懸命に練習してるのかさえ私は把握していませんでした。

そんな中でのスタート、実力・レベル未知数の大会だったので、上位進出のみを考えていました。

甘かったです。

公立学校でも、やはり中学時代経験していた者、体格が非常に大きい者もいました。しかし、どこの学校の先生も、「練習時間が17時までなんだよ」、「高校から始めたんだよ」と伺いました。本校も、完璧に初心者のみ!道場もない!柔道の練習ができるのは週4日のみ!勉強も大変なので練習に出られない日もある!と同じ条件でした。

来年度、1からのスタートだと思いました。本校柔道部は私が顧問になって初代のメンバーです。いわゆる、先輩としてアドバイスをくれる者、できる者がいませんでした。今年度は部員たちに、部活とは何か?柔道とは何か?と基本中の基本を叩き込みました。
これからがスタートです。来年度は後輩も入り、また新たな絆ができるでしょう。柔道のレベルも必然と高くなるでしょう。私もまだまだ未熟ですが、指導者として少しは成長していくでしょう。

言い訳はやめます。同じ条件で強くなっている学校・生徒・先生はぞろぞろいました。今回の大会があることによって、非常にチームのモチベーションも高まったと思います。これからの練習は、基本練習と共に練習試合にも重きを置くことを考えています。

私事ですが、今までチームの監督・コーチを経験してきましたが、同じ学校で2年と続けた経験がありません。2年目のチームは初めてです。まだ、彼らに教えることができるのかと思うと嬉しくてたまりません(生徒は知りませんが)。非常にやりがいを感じ、生きがいにもなっています。私の1人走りにならないよう、生徒たちと共にチームが出来上がっていくことを願っています。

まずは生徒諸君、今年度お疲れ様でした。振り返ってみると1年あっという間でしたが、これから先もあっという間です。正味1年位しかありません。自分の持っている可能性を全て引き出そう。後輩達のためにも、強い先輩になろう。「弱い・だらしない・情けない」は魅力ありません。期待しています!

今年の愛・地球博覧会で「もったいない」という日本語が非常に評価されていると知りました。「地球の資源は限りあるからこそ物を大切に、もったいないの精神を持とう」という捕らえ方でしたが、私流では、「せっかく無限の可能性を秘めているのだから、引き出さないのはもったいない。できる限りのことに挑戦しよう!」です。

皆さん、ご期待ください!

以下、大会詳細を記します。

団体 
東工大附属     4 - 1  広尾高校
先鋒 坂口大河○ 小内巻込 △山崎
次鋒 渡邊悠紀○ 反則勝ち △末松
中堅 目黒啓太△ 返 し 技 ○堀江
副将 藤田一輝○ 縦四方固 △野村
大将 鈴木遼平○ 後袈裟固 △熊谷

東工大附属     1 - 3  立川高校
先鋒 渡邊悠紀× 引き分け ×児玉
次鋒 鈴木遼平○ 袈裟固  △田野倉
中堅 藤田一輝△ 袈裟固  ○川瀬
副将 坂口大河△ 袈裟固  ○細江
大将 目黒啓太△ 払い腰  ○和田

個人戦
1回戦
-66kg級 
  坂口大河○ 不戦勝ち   △児玉(立川)
  藤田一輝△ 腕挫十字固 ○末松(広尾)
-73kg級
  渡邊悠紀○ 不戦勝ち △小俣(富士森)
  目黒啓太△ 内股 ○川口(城東)
86kg超級
  鈴木遼平○ 不戦勝ち △川田(武蔵丘)

2回戦
-66kg級
  坂口大河△ 判定 ○遠藤(田無)
-73kg級
  渡邊悠紀△ 掬い投げ ○古谷(深川)
86kg超級
  鈴木遼平○ 大腰 △佐藤(杉並工)

3回戦
86kg超級
  鈴木遼平○ 大腰 △久保(八工)

4回戦
86kg超級
  鈴木遼平△ 払い腰 ○田中(青山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万国共通

昨日、修学旅行下見より帰ってきました。
修学旅行は神戸・大阪に行きます。

神戸では、阪神大震災を振り返ることのできる”人と防災未来センター”。見た目は綺麗になっている神戸の街並みですが、実はまだまだ住民の皆さんには深い心の傷・厳しい現実と戦っていらっしゃることを恥ずかしながら今頃知りました。他には、異人館地区や三宮周辺、六甲山(雪が降りました・・・)など見てきました。

大阪では主に生徒は自主研修となりますので、生徒が行きそうな施設や街を見て周りました。活気のある大阪文化を肌で感じました。

その中で、大阪城を見てきました。豊臣秀吉の牙城となったお城で、修繕されて間もなく非常に綺麗でした。そのふもとに修道館という建物がありました。こちらでは何やら賑やかな、そして聞きなれた掛け声・応援が聞こえてきたのです。気になり覗いて見たところ、やはりやっていました。”柔道”!
別に異国に来た訳ではないのですが、非常に懐かしく、また何か安心感を覚えました。柔道はどこに行ってもどんな国でも同じルールです。柔道に興味を持つ人達にはどこか共通点があると思います。そんな仲間意識が持てるのです。練習してる中高生・指導されている先生方が全く他人という気がしませんでした。
時間もなかったので足早に去りましたが、改めて自分の中の柔道の存在が大きい事を知ったと同時に、どこに行っても仲間がいることを改めて感じました。
こういう”絆”も生徒たちには知って欲しいと思います。

非常に充実した下見となり、本番に備えて万全にして行こうと思います。

明日は国公立大会です。どんな結果が出るか、蓋を開けて見なければ分かりませんが、期待しています!応援の程、宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、まもなく!

学校のページから、こちらに移動できるようになります!!

しかし、そうなりますと公のものになりますので、少々制限が出てきますが、その中で伸び伸びと情報を発信して行こうと思っています。

また、それに伴いまして皆様からのコメントを表示できなくなります。コメントはメールでのみとなりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月予定

3月22日 15:30~稽古 高輪高校来校
  23日 12:30~15:00トレーニング 15:30~稽古
  24日 終業式・生徒計画稽古
      大竹修学旅行下見で不在(26日まで)
  25日 9:00~稽古 高輪・立正来校
  26日 休み
  27日 9:00~調整
  28・29日 9:30~国公立東京都大会 IN講道館
  30日 休み
  31・4月1日 10:00~合同練習・試合会 IN台東リバーサイド
   2日 9:00~稽古 立正来校

今後も練習予定は載せて行きます。近隣の中学生・高校生・一般の方も大歓迎です!
お待ちいたしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上級者レベル!!

119・20日と全国高校選手権大会の大会役員をやってきました。本校生徒も競技係員としてお手伝いをしてきました。
また、今日は母校で開催されました日体大若獅子杯のお手伝いもしてきました。

激しい3日間だった・・・。

非常にハイレベルな戦いばかりで、係りをやった生徒たちも、自分と同じ高校生とは思えなく、またすごい!!と感想を述べていました。

参考までに男子団体戦決勝戦は神奈川県代表桐蔭学園高等学校と埼玉県代表埼玉栄高校と共に初優勝を掛けた対戦となりました。
今回の団体戦は勝ち抜き戦です。よって1人で5人を勝ち抜いてしまうという結果も出ます。
決勝戦はまさにそのパターンでした。
桐蔭の先鋒は全中優勝した1年生。しかし1年生とは思えない強さ!4人を勝ち抜いたのです。疲れに疲れていたはずですが、少しも表情に表すことなく、また観客席からや仲間からの応援に答え、常に前向きな姿勢と、礼法を徹底した素晴らしい戦いぶりでした。しかし、5人目は埼玉栄のポイントゲッター。今度は逆に抜かれ始めてしまいました。1人2人とこのまま行ってしまうのではないかと思われましたが、決勝に来るまで何人も抜いてきた疲れが表れていました。力尽き、桐蔭学園高等学校の初優勝となりました。
しかし、桐蔭の先鋒の戦っている姿には感動を覚えました。頑張るんだ!という気持ち1つだけでいたからだと思います。

人の充実とは一体なんだろう?勝つ喜び・負ける悔しさとよく言います。また、テレビなどメディアでは金メダルを取った人だけクローズアップされたり、その人のドキュメント番組が組まれたりします。

金メダルを取らなければ意味がないのだろうか?優勝しなければ意味がないのだろうか?

前述した通り、社会的にはそうです。負けたら誰も振り向いてくれません。
しかし、そんなことを言っていたら、世の中ほとんどの人が失敗者になるでしょう。

人の価値は、どれだけ頑張った時間を過ごしたかということではないでしょうか?どれだけ夢中になれたかが充実ではないでしょうか??
そうでなければ、なんでも取り組むということすべてが無意味になってしまいます。

本校柔道部の生徒たちは皆、初心者です。全国大会を見て高い壁を感じたと思います。しかし、そもそもスタート地点が違います。
部員たちには、全国大会出場選手たちと同じ頑張り・夢中をしてもらいたい。彼らと同じ質の時間を過ごさせてやりたい。その素晴らしい時間を経験して卒業させたい。その経験を武器に社会に立ち向かえる強さと自信を身につけて欲しい。今の時代、夢中になれるものを見つけられない人が大変多い中、せっかく柔道と出会えた部員達にその素晴らしさを実感して欲しい。今感じられなくても、卒業後でも気付いて欲しい。

そう考えます。

今日、大学のOBの先輩で強かった先輩が言っていました。その先輩は非常に勝ちにこだわっていた先輩です。その先輩も年齢と共に現実と向き合わなければならなくなっています。しかし、”この前大会に出たけど代表決定戦まで勝ち進んだよ”と笑顔で言われていたのです。勝ちにこだわっていた頃から考えると信じられないような一言でした。

私はその一言を聞いて、今よりももっと、また少しでも、自分の頑張れること、人のためにできることに取り組んで行こうと思いました。

来年度も一年生が入るかどうか心配ですが、生徒たちも勧誘に頑張るでしょう。私も自分の考えを伝え生徒と共に強豪素人軍団を作り上げて行きます!

来週は国公立東京都大会が開かれます。比較的柔道のスタートが同じ高校生たちで争われる大会です。
どれだけ頑張れるか分かりませんが、桐蔭学園高校の1年生のように、一生懸命な時間にして欲しいと思います。

お時間のある方はぜひ、応援にいらしてください。

日時:3月29・30日
場所:講道館新館6階
時間:9:30~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々成長

我が家には、この世に生を受けて間もない者がいる。

久し振りに体型を調べてみたら、産まれた時より身長が8cmも伸びていた。なんとなく大きくなってきたなあ~と思っていたが、まさか8cmも・・・。たかが8cm、だが大きな8cm。

人間は成長していくにつれ、徐々に耐性ができ、鈍くなっていく。何事においてもそうであろう。小さな変化や発見にうとくなってしまう。

しかし、まだ0の頃はほんのチョットの変化が非常に大きな変化なのだ。周囲の反応も自然と大きい。

この感動を忘れてはならないと思う。人間は目には見えないが、日々大きな変化・成長を遂げている。
柔道の練習も毎日、繰り返され自分の小さな変化に気づかないだろう。しかし、それは大きな変化が表れる前兆の小さな変化なのである。小さな変化(0から比べたら大きな変化)が積み重ねられて大きな変化にたどり着く。

積み重ねもしないで、大きな変化にはたどり着かない。

自らが変化・成長していることを気づかないでいても、自分を信じ、必ず大きな変化・成長があることを待つ忍耐力を持とう。必ず結果は付いて来ている!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

運 PART2

前回、闇雲に運と言ったが、運は人が運んできてくれる物だと思う。

人とは、親・家族・恩師・仲間などなどたくさんの人が結び付けてくれる。

現代の子どもたちは、パソコンや携帯電話の普及から、コミュニケーション能力の欠如が問題になっている。また、それが原因となる残虐な事件が多々起きている。非常に残念でならない。

人との関わり方を知らないことから、どんどん闇の世界に入っていってしまったのだろう。

ある先輩に言われました。”大竹は人に恵まれてるよな(某保険会社4月から博多に転勤・A氏)”と。
私は小さな頃から人好きでした。広く浅くという付き合い方は苦手で、狭く深くをとことんやってきました。
ので、小学校・中学・高校・大学の友達・講師時代の友達・恩師や目上の方々を大切な宝物だと思っています。

ただ、私はわがままでした。特に人のペースに合わせるではなく、”自分はこうです!”と今まで崩しませんでした。
それは、自分を変えての付き合いだと、本当の自分との付き合いではないし、本当の自分を見てもらえないし、何よりも本当の付き合いができないと考えているからです。だから、今まで人付き合いを振り返り、疲れたなあ~という記憶がほとんどありません。そういうワガママを貫き通してきました。
逆に、自分を少しでも作っての付き合いをした人は、今では残っていません。

多くの方々が多くのことを私に運んできてくれてますし、これからも深く付き合っていきたいと思っています。また、生徒とも裸の付き合いをしてぶつかり合っていきたいと思っています。

今まで学校が変わってしまったり、卒業した生徒とも、付き合いが当たり前にあります。これからも宝を発掘し、色んな世界を知りたいと思っています。

特に生徒については、将来、出世してくれることを願ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勝負には運が付き物だと考えます。

努力をせずに運頼りというのは最悪だと思いますが、最後には運だと思います。

試合までの環境・練習・怪我、試合中の体調・技・対戦相手の様子などなど、色々な物が重なり合って試合も成り立っているのではないでしょうか?

私自身も自分は運に救われているな~と常々思っています。ただそれなりに努力しているつもりですが、今まで出た結果は、運の力により引き出された結果だと受け止めています。

よく分からない考え方ですが、要はより強い運を捕まえるためにも、より一層の努力をして行こう!という考えです。今よりも努力を何倍もすれば、その何倍もの運により結果が得られるのだから。

こんな考え方、変かも知れませんが、より強い運を捕まえられるように、日々努力して欲しいと生徒に思っています。これを柔道で実感し、将来社会に出てもなお、この方法を貫き通し、これから迎えるであろう壁を打ち破って欲しいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年の戦績

第45回 港区民春季柔道大会 
      個人無段の部優勝 

第53回 インターハイ第2支部予選会 
      個人-100kg級BEST12 都大会出場 

第53回 港区区民秋季柔道大会 
      高校団体の部優勝

平成16年度第2支部新人柔道大会
      団体B5位入賞 
      個人有段100kg以下級5位入賞 
      個人無段70kg以上級5位入賞 
      個人無段70kg以下級5位入賞

全員初心者です。振り返ると、よくあんなに賞状貰えたな~と感心しています。
これからの課題は、もう一つ上の壁を破ることです。

私自身が真面目に柔道を始めたのが高校生からでした。それまでは素人同然です。
私に追い付き、追い越し、まだ見ぬ上のレベルで戦えるようになって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンクを増やしました。

瑞江中柔道部は私が中学校時代からお世話になっている先輩が顧問をされていて、このホームページを作るに当たって、多くのアドバイスを頂きました。公私共々、お世話になっている先輩です。(学生時代からは想像もできないような大先生になられています。)

法政二中高柔道部は私の高校の先輩でありまして、先輩にも公私共々家族ぐるみでお世話になっています。かなりエネルギッシュな先輩です。

本校陸上部、サッカー部はまだまだ未熟な私を、温かい目で本校教員として指導して下さっている、体育科のお二人の部活です。最先端を進む体育科だと私は思います。そんな中に入れて本当に幸せです。(自分の勉強不足が露呈されてますが・・・。)

それから本校のホームページです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめまして

国立大学法人 東京工業大学工学部附属工業高等学校柔道部ホームページを作成しました。

まだまだ右も左も分かりませんが、徐々に良くなっていくと思います。(恐らく)

チームも今年度集まったメンバーばかりの素人軍団です。

全てにおいて発展途上ですが、その発展様子を伝え広げて行きたいと思いました。

これから、宜しくお願いいたします。

顧問:大竹 雄介

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年4月 »