« 3年計画!! | トップページ | 怪我との付き合い方 »

新しい試み

本校の2年次からの体育実技の授業は、生徒主導型の授業である。
ただの選択種目だけで野放しにしてしまったら、授業として成り立たない。

本校では毎時間、授業前に各生徒が授業計画表を作成し、各グループごとに優れている生徒を選出し授業展開を行っている。

この授業の最大のメリットは、生徒が先生の目線を理解できるということと、実技の知識をあらかじめ理解して授業に望むので、非常に技術向上が早いということがあげられる。

先生主導では、あらかじめの知識もなく、1対40の授業内で必ずしもこちらの説明したいことが行き渡るとは限らない。その状態のまま実技練習を行っても、筋違いな練習・ゲームになってしまう。

この形式を、柔道部でも取り入れることにした。といっても、主導は私だが、部活で初めて技の理論を知るのではなく、教科書レベルのことだけでもあらかじめ知っていてくれるだけで、こちらの説明も行き渡り、理解度も上達も早いのではないかと考え付いた。

技の適正は、私が体の動き・捌き・体型から選出し、課題を与え指導案を作成してくる。人に説明するつもりで作りなさいと指示した。その後、教科書には載っていない、専門的なアドバイスを施すのが、私の役目と思っている。

本校柔道部は素人軍団である。

しかし、素人からの成長率はどこの学校にも負けたくない!

どこよりも成長できる柔道部にしたい!!

短い練習時間・体育館に毎回畳を敷くジプシー柔道部。
この状態でも、精一杯強くなるよう、指導者としても試行錯誤している。

今ある環境の中で精一杯努力をする!
何でも手に入るのが当たり前であってはならない。
工夫する努力を忘れてはならない。
その工夫から、また新たな進歩がある。
そういったことも生徒たちに学んでもらいたい。

まずは初めての試み。当たるか外れるか。生徒が証明してくれるであろう。

|

« 3年計画!! | トップページ | 怪我との付き合い方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/3801849

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい試み:

« 3年計画!! | トップページ | 怪我との付き合い方 »