« 練習開始! | トップページ | 11月予定 »

港区区民大会

2005_10230023
2005_10230024
昨年は優勝をもぎ取った大会。
二連覇を狙って望みました。

が、

結果は準優勝・・・。

決勝では埼玉県の高校で大学が港区にあるからという、不思議な出場の仕方をした慶応志木に負けてしまいました。

しかし、大いに実りのある試合となりました。
今回も実戦の中から各自課題を見つけ、次の大会につなげられるようになりました。
また、一年生の大幅な成長が見受けられました。

柔道は投げるために、まず技に入れなければ話になりません。
今まで入ることさえ出来なかった彼らが、自らガンガン相手の懐に入り、技を掛けていたのです。
投げこそは出来ませんでしたが、第二ステージに入ったなと、私は感じました。

来月には昇段審査を受けます。
黒帯になることにより、自信をつけ、予想外の成長を期待します。
まあ、まだ合格するかは不明ですが・・・。

という訳で二連覇はなりませんでしたが、去年以上の収穫がありました。
部員たち自身が自覚していたのが、何よりもの収穫だと言えます。

また地道に稽古を積み重ねていこうと思います。

また、大きな声では言えないのですが、ある薬科大学の助教授で柔道部監督の先生からスカウトが来ました。

本校で柔道を一生懸命にやれば、薬剤師になれます。

生徒の頑張り次第ですが。
まったくもって新たな道が開けた気持ちです。
今までは柔道をやってこの先どうなるの?と言う点で説得力がありませんでしたが、このように一つ目の道が開けました。

うちの学校が理系で優秀で柔道も出来ることより声を掛けていただけました。
私自身、柔道をやっていて体育大か体育科しか具体的な道がないかな?と思っていたのですが、崩れました。
このようなお誘い、これからもあるかも知れません。

うちの部員は柔道も勉強も一生懸命にやっています。

遊び心も充分に教えています。

将来性のある人材を育成しておりますので、今後このようなお話がありましたら、どんどん声を掛けていただけたらと思います。
私もそのご期待に応えられるような指導をしてまいります。

柔道部のみの推薦枠。

世界がどんどん広がるのは非常に楽しいです。

予選リーグ
 東工大附A ③ VS 0 麻布警察署
 渡邊 ○(一本:袈裟固)△ 小林
 藤田 ○(一本:不戦勝)△
 坂口 ○(一本:背負投)△ 柏木

 東工大附A ③ VS 0 慶応志木B
 渡邊 ○(一本:払腰)△ 水谷
 藤田 ○(一本:体落)△ 坪倉
 坂口 ○(一本:背負投)△ 佐藤

 東工大附B 1 VS ② 慶応志木A
 菅原 △(一本:払腰)○ 福井
 佐藤 ○(一本:不戦勝)△ 柳下(前試合で反則負)
     △(一本:不戦勝)○ 桐野

 東工大附B 1 VS ② 麻布高校
 菅原 ○(一本:袈裟固)△ 窪田
 佐藤 △(一本:腕ひしぎ十字固)○ 井口
     △(一本:不戦勝)○ 藤本

決勝戦
 東工大附A 1 VS ② 慶応志木A
 渡邊 △(一本:払腰)○ 福井
 藤田 ○(一本:不戦勝)△ 柳下(前試合で反則負)
 坂口 △(一本:袈裟固)○ 桐野

藤田一回しか試合しなかった・・・。

|

« 練習開始! | トップページ | 11月予定 »

大会結果」カテゴリの記事

コメント

そういえば、港区柔道協会のドンは慶応関係者だったと思いますが・・・うちも出ようかな、港区の大会。行きつけのお店があるということで。

投稿: MR141門下生 | 2005/10/25 12:05

うちも母校の豊島区から出させて貰おうかな~。

一年生をガンガン鍛えます。
残っている気持ちの強いメンバーなんでついてくると思います。
また、宜しくお願いいたします!

投稿: 顧問 | 2005/10/25 10:47

1年生が伸びてきましたか…。
うれしい限りですね。

慶応志木が出ているのは区民大会ならではですね。
江戸川区民大会なんて、中学生の部は修徳、安田学園、第三亀戸、足立学園に通っている奴らが出てきます。
うちよりはマシだよ。

わたくしも先日、生まれ育った文京区柔道会に籍を置くことになりました。
と、いうことで瑞中柔道部も来年の文京区民大会に参加します。

昇段審査ですが、うちの3年生も11月13日に受けます。
明日から本格的に形の練習が始まります。


投稿: でーご@瑞江中 | 2005/10/24 22:18

そういえば、そんなこともありましたね!!
笑える。
多分もういないですよね?

えらくでかい選手達でした。

柔道で学ぶことはタフさだと思います。
あれだけのことを成し遂げられるのだから、どんな世界に進んでもやっていけます。
事実、同級生は電通から警察官まで幅広く就職しております。

保護者の反対で辞めざるを得ない生徒もいました。
保護者の方には部活動というものが、目に見えない形で成果が出ることを理解して欲しい。
また、それこそが本当に大切なことだと。

目に見える点数で安心しているようであれば、それはなんの成果でもありません。あくまで目安です。本質はもっと奥深いところにあります。

教員は何万人も生徒を見て、見比べられてしまいます。
また1人で見ているわけではありません。
そんな教員の言っている事を信じてもらえたら、と切に思います。
辞めた生徒が腐らないことだけを願っています。

話はずれましたが、先輩はタフです。
その許容の限界を測りながら、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: 顧問 | 2005/10/24 21:49

部員たちの将来の門戸は大きく開かれています。勉強も、柔道も、一生懸命やることが当たり前という環境を作り出す、言うは易しですが、ナカナカ難しいものです。神奈川の超進学校の先生が、「柔道一生懸命やっている学年は、進学率も比例していいよ」とおっしゃっていました。確かにそうですね。私自身、MR141の教えをあまりにも早く実践したために、高校時代の生活は大きな声で部員に言えませんが・・・本校柔道部からも、沢山の部員たちが法政の枠を飛び出してさまざまな方面で活躍しています。確か慶應志木にも一人・・・・と言うことで、刺客を送ったつもりはないのでご勘弁を。

投稿: 141門下生 | 2005/10/24 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/6543732

この記事へのトラックバック一覧です: 港区区民大会:

« 練習開始! | トップページ | 11月予定 »