« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

本校柔道部

本校柔道部の基本スタイルは
月:トレーニング
火:通常稽古
水:フリー
木:通常稽古
金:短縮実戦稽古
土:1日稽古
日:休み
となっています。
試合や出稽古によって、休みの日は変動しますが、部員には目安として3ヶ月予定表も配布しています。

体育館に畳を敷いての練習となりますので、稽古日が限定(火・木・金・土)されます。
初めて柔道をする生徒にも、経験者にも通じて研究できる映像分析の機器があります。
こちらを利用して、初心者は基礎から、経験者は悪い癖・応用を学んでいます。
また、体力はそれぞれ個人差があるので、水曜日はフリーということで、トレーニングをしたい者はトレーニングを、体の疲れを抜きたい、勉強に割り当てたい者などそれぞれの利用日となります。どちらにしろ、体育館が使えないのでそのようにしました。有意義に使って欲しいと思います。

出稽古や練習試合など数多く組み、また、柔道馬鹿ではなく文化祭やその他イベントを織り交ぜ、様々な「機会」を得て欲しいと思います。
部活動のメリットは何よりも「機会」が増えることだと思います。

先輩後輩・文化祭・他校の生徒・勝負の緊張感・一瞬の集中力などなど、普通の高校生活だけでは得られない体験が数多くあります。それが一番のメリットです。
また、グッズも特徴的でデザイナーにデザインしていただいた柔道部オリジナルバックもあります!(写真参照)

たまたまですが、柔道を専門にやってきた私が指導します。
最短距離で最高の結果を出すべく日々精進しています。
本校柔道部の一番の売りは「成長率」です。
卒業までに弐段を目指し、一緒に頑張りましょう!

柔道部紹介でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カテゴリー追加

今までは、試合結果や月間予定以外は日記扱いをしていました。
しかし、先日ある中学生から本校柔道部に興味を持ってもらえた旨のメールが届きました。

そこで、これからの本校入学者やまずは本校柔道部を簡単に知ってもらう為に、過去の記事で紹介的な記事を「柔道部について(入部希望者へ!)」ということでまとめました。(少しですが・・・)

少しでも、本校柔道部の存在を認識してもらえたらと思います。

勉強も柔道もしたい親孝行な欲張り者!
是非、いらしてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面談

試験前となり、平穏な日々が続いています。
生徒達は格闘の日々でしょう。

と、思いきや・・・

今日、一輝が進路のことについて聞いておきたいことがあるとのことで、現状把握の面談をしました。
柔道部でありながら、私のクラスの生徒。
二重で私に縛られている幸せ者です。

そんなこんなで、話をしていると試験勉強は今まだしていない。
今日からそろそろやろうかと思っている。

おい。

試験前休み無くしてやろうか!?

しかし、悔しいことに一輝は成績が何気にいい。
そんなに勉強している様子は伺えないけど、抑えるところは抑えてる。
これくらい柔道もしたたかだといいのですが・・・。

進路の話は現状把握と、大学を選べるよう学校の評定をしっかり上げるように地道に目の前にある課題を片付けることとなりました。

こんな葛藤の時期が懐かしいです。
どんな進路に進むことでしょう。
柔道も人生も同じように思えます。

日々の積み重ねを大切に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期末考査一週間前

一週間前に入りました。
柔道部はこれから試験前まで勉強部へと変わります。
勉強も最短距離で的を得た自分なりの方法を見つけ、頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

校内試合

昨日は試験前最後の稽古ということで、校内試合を予定していました。
しかし、体調不備の者が多く、今回は頂上決戦のみ行うこととしました。

一輝VS大河!!

この二人の奇跡を見て見ますと、追いつき追い越されの繰り返しです。
経験者であった一輝を同級生達は追いかけていました。
そんな中、大会では一輝よりも高い成績を挙げた大会もありました。
しかし、最近では継続力という一輝の最大の武器が華を咲かせつつあるように見えます。
この壁は非常に高いですが、越えた瞬間一気に勝ち上がることでしょう。

さあ、そんなこんなの現状はどうだったか?

一試合だけなので五分で行いました。
喧嘩四つの組み手争いから大内小内の駆け引き。
中々引き手を取れずに互いにけん制し合い。
組際の技は五分五分。
決め手が中々ありません。
そんな中、互いに指導!
後半に入り、徐々に疲れが見え始めました。
二人とも同じ階級なのですが、柔道の質的に一輝の方が少々重たい。
そんなこんなから大河が場外に出る場面が増えました。
故意ではないので、指導にはなりませんでしたが、ここら辺から、徐々に本質が見えてきます。
しかし、劣勢の中、大河が掛けに行った「肩車」がもう少しの所で効果になりそうだったのですが、惜しくもならず。
一輝も一輝で場外際に追い込むのですが、外に向かって技を掛けてしまうので、無効。

結果、「肩車」の差で今回は大河の勝ちとなりました。

二人とも、試合が終わった後は疲れきっていました。
五分間という慣れない長時間の試合、また負けたくないという気持ちの大きさ。
いい試合でした。

3年生の遼平も応援に駆けつけてくれましたが、後輩達の成長ぶりに目を見張っていた模様です。
進路も決まっており、頑張って欲しいものです。

ゴールまで突っ走り、また、一年生を迎える体制を作って行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月予定

 1(水) 試験前休み
 2(木) 
  ~   期末考査
 8(水) テスト終了後フリー
 9(木) 10:00~ 卒業式
      13:00~ 稽古
10(金) 13:30~ 稽古
11(土) 14:00~ 稽古
12(日) 休み
13(月) 13:00~ トレーニング
14(火) 13:30~ 稽古
15(水) フリー
16(木) 15:30~ 稽古
17(金) 11:00~ 稽古
18(土) 休み
19(日) 13:00~ 稽古
20(月) 15:30~ トレーニング
21(火) 全国高校選手権大会役員 in日本武道館
22(水) フリー
23(木) 13:30~ 稽古
24(金) 終業式
      終業式後稽古
25(土) 9:00~ 慶應杯 in日吉
26(日) 13:00~ 稽古
27(月) 9:30~ 国公立東京都大会(団体) in講道館
28(火) 9:30~ 国公立東京都大会(個人) in講道館
29(水) フリー
30(木) 10:00~ 合同練習会 in台東リバーサイド
31(金) 10:00~ 合同練習試合会 in台東リバーサイド

今年度、最後の大会!
ハードな月末になりますが、試験期間中に体調を整え、仕上げて行きたいと思っています。
また、試験明けから終業式まで補講期間となりますので、詳細の時間が決まり次第アップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立東京都大会申し込み

土曜日は仙川駅にある都立神代高校で午前中は希望する高校が集まって合同練習会、午後は代表者会議となりました。

午前中は80名程の合同練習。
本校にとってはありがたい練習会です。
寝技3分×5本
打ち込み・投げ込み
元立ち乱取り3分×3本×10セット
となりました。

この乱取り形式は非常に良かったです。
と申しますのも、公立学校の生徒はほとんど高校から始めた生徒が多いです。
強い者は私立に吸収されています。
そんな中、元立ち乱取りで立った者が追い込まれるというのがセオリーで強くなる練習法だと思っていたのですが、そうではなく、立ちたいという意欲を誰にでもかきたてさせる練習方法でした。
3分×3本ですが、やめたければやめていいし、続けたければ続けていいし。
また、指導者側も、元立ちに立ちたい人数が減ってきたら、生徒達の集中力・体力がなくなってきたと判断できます。
様々なメリットが生まれます。
この練習方法を生み出した先生がいらっしゃるのですが、その先生は柔道が専門の方ではありませんでした。
大学は先輩に当たるのですが、部活は別のものをされていました。
ですが、高校ではいつも部員も多く、都大会にもかなりの確率で出場させている、名顧問であられます。
まったく専門の人間とは違った目線で見られているのが、素晴らしい結果を出されているし、生徒達もついて来ているのだと思います。
そんな部活を目指し、都大会常連校となりたいと日々夢を見ております。

さて、話は戻しますが、毎度のごとく合同練習の時は何にも口を出しません。
色んなタイプとやることが目的です。
どんだけやるのか、自分も他校の生徒と練習をしながら気にかけていました。

まず、いつもの通り一本目はダッシュで赤帯を取りに走り、全員ゲット!
その後、どれだけやるのかな?見ていました。
3本終わるごとに、他校の生徒が
「帯ください」
といいに駆け寄って来るのですが、
「すみません、まだやります」
これが、どれだけ繰り返されていたのでしょうか?
大河は一度つめがはがれたらしく、テーピングを巻くために抜けましたが、その後も復活。
他、けが人はともかく、一輝もず~っと元立ちをしていました。
欲求不満を解消するかのごとく、色んな相手に自分の柔道を試していました。

熱中しだすと止まらない。
そんなチームカラーが出ていました。
他の先生方からも
「東工大の生徒、いつまでもやってるねえ!」
「彼らいいじゃない!どれだけ練習しているの?」
など、お褒めのお言葉を頂きました。
練習後、生徒達は燃え尽きていました。
やらされている訳ではなく、自らやる。
これが何よりも、そして何事でも大切な姿勢と考えます。

練習後の話も、
「もうすぐテスト前で休みに入る。実質引退まで負ければ2ヶ月。勝っても3ヶ月。それだけしかない。その短期間でどれだけ集中できるか?どれだけ自分の可能性を高められるか?どれだけの結果がついてくるか?それを考え、日々の生活を送って欲しい。」といいました。

この柔道部生活が、どれだけ彼らの糧になることでしょう?
どんな結果が待っているかは分かりませんが、結果を恐れていては、何事にもチャレンジできません。
そんな勝負心が、地力となって、人生の壁を破っていく原動力となるでしょう。
期待しています!

午後は抽選会となりました。
生徒は帰らせ、私だけ残りました。
東京都の国公立学校、参加校40校。
まずはシード校決めですが、条件は学年別二年・選手権、いずれかで都大会に進出している学校。
ん?
本校2年生出てた・・・。
そうです、本校がシード権を得ているのです。
両方とも都大会に出ている学校が第一シードで片方の学校は第二シード権を得ます。
これは大きい!
前回大会は、シード校に囲まれ、予選リーグで敗退してしまいました。
今回は違います。
シード校と対戦することはなくなりました。

そんなこんなで抽選が行われ、リーグは
井草高校と広尾高校になりました。
広尾高校とは同じ支部で、昨年もこの大会で同じリーグになりました。
井草高校は対戦経験はありませんが、侮れません!
まずはリーグ突破!
その次は隣のリーグの勝者と対戦です。
忠生・小川・都立高専のいずれか。
そして、そのチームに勝ったら、第一シードの杉並工業と対戦でしょう。
後ほど、トーナメント表がファックスされてきますので、アップします。

個人戦は責任抽選となります。
こちらも各階級シード選手決め。
それぞれ出ます。
昨年の優勝者。
インターハイの結果などなど。
ここでも、本校生徒は皆、シード選手に名を挙げて頂けました。
大河や一輝は都大会に個人で出場していますが、ナベや菅原は練習にて判断して頂けました。
シードに恥じぬ、結果を出して欲しいと願います。

そんなこんなで長い一日が終わりました。

やはり見てくれてる人たちは見てくれています。
逆に本校にもだいぶ関心を持っていただけるようにもなりました。
嬉しかった話が
「どんな練習しているの?」
この質問です。
私が今まで色んな先生方にしていた質問をされたのです。
まさか、聞かれるとは思いもしませんでした。
また、
「高校から奴らも始めたんです。」
「本校は柔道場がないので、月・水は柔道していません。」
これにも、嬉しいリアクションを頂けました。

苦労やストレスはありますが、分かってくれる人、そんな中で結果を出せれば、認めてもらえる。

それを発揮できる国公立大会には本当に感謝しています。
第5回大会となりますが、これからも参加させていただき、柔道界の底辺拡充に微力ですが頑張らせていただきたいと思います。
また、あわせて生徒達にはこの大会での優勝を目指し、結果を残すやりがいを得て欲しいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明治学院来校

昨日は明治学院が来校しました。
私と同期が監督をしている関係です。

強化しているわけではないのですが、
初段を取ろう!
という目的で頑張っています。

今週末ですが、東京都高体連昇段審査が講道館にてあります。
私も役員としていくのですが、彼らも受験します。
まだまだ、危うげな動きですが、非常に新鮮に感じました。

こんな時期もうちの連中もあったよな~
来年度の一年生が入ってきたら、また一からやれるんだな~
と、いろんな思いにふけってしまいました。

実戦練習は程々に、形の指導をしました。
本校生徒が受けですが、初段を取っているくせにすでに忘れています。
受けをしていて、ナベが小指を痛めました。
何たる醜態か・・・。

徐々に思い出し、受けもそこそこ取りもそこそこ。
明治学院の生徒達も、足をつりながらでしたが一生懸命に返事をして頑張っています。
また、こいつは強くなりそうだな!?という者もいて、非常に楽しかったです。

もうすぐ一年生達が入ってきます。
どんな一年生達だろう?
イベント柔道部、興味持ってくれるかな?
仕事上手は遊び上手といいますが、そうなれるでしょうか??

学校の稽古が終わり、本日は港区柔道会の指導の日です。
今日は誰か行くか?
と聞くと、一輝が
今日、行きます。

ナベは小指が・・・(怒)

菅原は医者に。

大河は
レポートが・・・。

一輝を連れ向かいました。
着くと、慶應高校の生徒がいまして、いい稽古相手だ!
ということで、マンツーマンで稽古をしました。
ちょうどいいことに左組手!
一輝の苦手なタイプ!
投げられますが、慣れるのが大切。
元々知っている慶應の生徒だったので、気づいた事を教えてもらい、今後の課題に。

また、その生徒も内股をもっと知りたい!
とのことだったので、チョコチョコっと教えて終了。
帰るのも遅くなり、渋谷まで3人でドライブ。
昨日はなぜか工事渋滞で近いはずの渋谷にえらく掛かりました。
時間が掛からなければ、ラーメンでも食いたかったのですが、今回は断念!

やはり、辛いときやもう一歩!という時に一歩を踏み出せれば、必ずいいことがあります。
一輝は充実した練習ができました。

また、慶應の生徒も3月には本校に練習に来たいとのことでした。
楽しみであります。
毎週土曜日の午後は慶應の中高大生が集まって三田の道場で練習会を開いているそうです。l
来月は慶應杯にも出場しますので、それをきっかけに関係を持てたらと思っています。

今日もまた明学の生徒が来ます。
昨日の疲れは取れたでしょうか?
恐らく朝は起きれなかったのではないでしょうか?
今日の面子が楽しみです。
頑張って初段を取ってもらいたいです。

新一年生も楽しみであります。
もうすぐ入学希望者の招集日です。

日々、待ち遠しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

優秀選手賞!

毎年、東京都では個人・団体で東京都大会に進出した学校各1名が、優秀選手賞に選出されます。
それだけ、東京都では都大会に進出するのが難しいことの表れだと思います。

そんな中、本校も個人・団体ともに今年度は進出したので、通達がありました。
やはり、本校ではキャプテンの坂口を選出しました。
昨日マネージャーが賞状を受け取りに行き、大きな賞状をいただきました。

これはまた、終業式で表彰をして頂こうと思っています。

部活動のメリットの1つに、表彰という非日常な素晴らしい事態があることが挙げられると思います。
中々、普通では表彰はされません。
表彰がある、賞状をもらえる、そんなこんなが次の頑張りにつながると思うし、大人になってからも、そんな賞状がその時の頑張りにつながるのだと思います。

これからも、また頑張り、来年度も東京都から表彰される学校になりたいと思っています。

昨日、入試が終わり、本日合格発表となりますが、新一年生も今から楽しみにしています。
努力・継続力という才能を持った新一年生!
心よりお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一般入試!

今日は、科学技術高校になって第一回目の入試です。
沢山の優秀で柔道部希望者の生徒がいることを願います!
06-02-13_07-53


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

昨日は練習後、大河が
「港区の練習会ありますか?」

との事で、一緒に連れて行きました。

学校で結構追い込んだ後だったので、疲れも見えましたが、
・試合への気持ち構え
・負けた原因と日々の練習スタイルの表れ
の話をしたところ、触発されたのでしょうか?
非常にいいことです。

強制されてやるのは何もなりません。
自ら動かなければ、実力は付かないことでしょう。

そんなこんなで、現地に向かいました。

受付をして、ふと道場を見ると、
なんと!
大学の一期先輩がいるではありませんか!?

驚きました。

久しぶりに対面し、始めは人違いと思い気づきませんでした。
何年かぶりに柔道したよとおっしゃっていました。
見た目もだいぶ増量に成功され、失礼なスタートを切ってしまいました。

道場にはALSOKの人たちが結構来られます。
その関係で、ここを知られ来られたとの事。
これから来れるときは来るよとおっしゃってました。

でも、嬉しいことです。
卒業後に先輩や同期や後輩と思わぬところで出会えるのは。
世の中狭いものです。

大河は色んな人に稽古をつけて貰っていました。
相当バテましたが、非常にいい稽古になりました。

帰りは渋谷まで送ってやったのですが、途中で西麻布の「赤のれん」に寄りました。

替え玉もしようと思ったのですが、大河はとてもじゃないが食えない様子でしたので、今回は我慢しました。
帰ってからも夕食があるとの事でしたので、控えました。

生徒のやる気を期待しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出稽古

風邪からも復活と思いきや、ナベがぶり返し欠場。
そんな中、出稽古週間を始めました。

まずは行きなれた法政二。
こちらは県でBEST8に入るという新税のチーム。
チームワークもよく、全体に勢いがあります。
顧問の先生の性格がチームにそのまま表れています。

今までは各個人の技術力に重きを置いてきた一年でした。
この地盤さえしっかりしておけば、一気に花咲くことと信じています。
今までも実戦力を軽んじて来たわけではありませんが、これからは実戦力に重きを置いていきます。

その稽古にはうってつけなのが、法政です。
彼らの突進力・勝負への執着心は見事なものです。
勝者か敗者しかでない勝負の世界を良く分かっています。
うちのチームは、今まで勝ち方・技の入り方にこだわりを持っていました。

ですので、法政と練習をしますと、勢いに押されてしまっています。
技術力では劣らないと見ていますが、勝負の駆け引きや、組際の技で投げられてしまっています。
でも、必要な物が何なのか、よく分かります。
勢いは、自分も勢いをつけて勝るか、勢いをいなす冷静さで勝負か。
これはそれぞれの性格です。
自分らしさがそのまま出る柔道。
自分の技は決まっています。
これからラストスパートの課題は、自分の柔道スタイルの強化だと思います。

持っている技をいかに使いこなすか、いかに相手の力を利用するか。
今年度中に最大限に成長して欲しいと思っています。

昨日は母校日体大の柔道部OB幹部会に出席しました。
私、何故かそのメンバーに巻き込まれ・・・いや入れていただき、母校のために微力ですがご協力する立場になりました。
そんな中一次会終了後、監督の山本先生、日体荏原の小久保先輩(大学時代の鬼コーチでした)、成城学園の原田先生(現役張りの強さ)、都立高専の小川先生(東京都事務局長)と5人で飲んだのですが、それぞれの立場のお話を聞けて非常に有意義でした。

一流どころを集め強化する大学・高校、素人から作っていく学校。
それぞれですが、それぞれ皆同じ大変さがあります。
そんな先の世界の密な情報を聞けて、励みになりました。
いつか、日体荏原を倒すような選手、母校から受験させないか?と声を掛けていただけるような選手が輩出されたら面白いなと夢見ています。

そんなこんなで濃い週末でしたが、まずはリスタート。
自分達の状況を取り戻し、年度末の国公立大会に向けて、頑張りたいと思います!

ちなみに、法政の永冨先輩から慶応杯の案内をいただきました。
連絡を取ってみて、許されるならば出場してみたいと思っています。
国公立大会の前々日なので、前哨戦にしたいと思います!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »