« 二月の予定 | トップページ | 久しぶりに »

出稽古

風邪からも復活と思いきや、ナベがぶり返し欠場。
そんな中、出稽古週間を始めました。

まずは行きなれた法政二。
こちらは県でBEST8に入るという新税のチーム。
チームワークもよく、全体に勢いがあります。
顧問の先生の性格がチームにそのまま表れています。

今までは各個人の技術力に重きを置いてきた一年でした。
この地盤さえしっかりしておけば、一気に花咲くことと信じています。
今までも実戦力を軽んじて来たわけではありませんが、これからは実戦力に重きを置いていきます。

その稽古にはうってつけなのが、法政です。
彼らの突進力・勝負への執着心は見事なものです。
勝者か敗者しかでない勝負の世界を良く分かっています。
うちのチームは、今まで勝ち方・技の入り方にこだわりを持っていました。

ですので、法政と練習をしますと、勢いに押されてしまっています。
技術力では劣らないと見ていますが、勝負の駆け引きや、組際の技で投げられてしまっています。
でも、必要な物が何なのか、よく分かります。
勢いは、自分も勢いをつけて勝るか、勢いをいなす冷静さで勝負か。
これはそれぞれの性格です。
自分らしさがそのまま出る柔道。
自分の技は決まっています。
これからラストスパートの課題は、自分の柔道スタイルの強化だと思います。

持っている技をいかに使いこなすか、いかに相手の力を利用するか。
今年度中に最大限に成長して欲しいと思っています。

昨日は母校日体大の柔道部OB幹部会に出席しました。
私、何故かそのメンバーに巻き込まれ・・・いや入れていただき、母校のために微力ですがご協力する立場になりました。
そんな中一次会終了後、監督の山本先生、日体荏原の小久保先輩(大学時代の鬼コーチでした)、成城学園の原田先生(現役張りの強さ)、都立高専の小川先生(東京都事務局長)と5人で飲んだのですが、それぞれの立場のお話を聞けて非常に有意義でした。

一流どころを集め強化する大学・高校、素人から作っていく学校。
それぞれですが、それぞれ皆同じ大変さがあります。
そんな先の世界の密な情報を聞けて、励みになりました。
いつか、日体荏原を倒すような選手、母校から受験させないか?と声を掛けていただけるような選手が輩出されたら面白いなと夢見ています。

そんなこんなで濃い週末でしたが、まずはリスタート。
自分達の状況を取り戻し、年度末の国公立大会に向けて、頑張りたいと思います!

ちなみに、法政の永冨先輩から慶応杯の案内をいただきました。
連絡を取ってみて、許されるならば出場してみたいと思っています。
国公立大会の前々日なので、前哨戦にしたいと思います!!

|

« 二月の予定 | トップページ | 久しぶりに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます&お疲れ様でした。

自分もチームを持ち二年目になりますが、今までは自分色だけでした。
本校の生徒の色は分からずに、突っ走っていました。

自分色と生徒色を合わせ、いいチームを作っていきたいと思っています。
これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: 顧問 | 2006/02/06 10:05

朝のメール、「歓迎しますよ・・・」の意味がよくわかりました。大変貴重な経験でした。

今年で彼らを見るのは3年目です。はじめのころに「チーム作りは3年はかかるよ」と周囲の方々に言われていましたが「1年でやってやる」と息巻いていました。しかし、3年かかりました。最初のことろは多くの退部者が出たり、部員と衝突したこともありましたが、ようやく形になってきたところです。O竹先生も、あせらず、じっくり、大切にチームを育ててくださいね。きっと近いうちに形になってくるはずです。

投稿: 141門下生 | 2006/02/06 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/8511607

この記事へのトラックバック一覧です: 出稽古:

« 二月の予定 | トップページ | 久しぶりに »