« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

国公立大会個人

一輝が5位入賞!

しかし、全員反省だらけの個人戦でした。 まだまだ柔道の動きができてません。 しかし、だいぶレベルの高い事を要求できるようになりました。 二年生は締めくくりに、一年生はこれからこれから。 明日は一息ついて明後日からまたやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立大会

優勝
杉並工業高校。
ダントツでした。
個人はタイトル狙います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国公立大会

結果
東京都5位入賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立大会

決勝トーナメント二回戦
杉並工業に1ー4で敗退。
坂口はしっかり取って来たのですが、残念!
明日の個人戦に気持ちを切り換えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立大会

決勝トーナメント一回戦
忠生・羽村に4ー1で快勝。
次は杉並工業!
集めている学校です。
出し切ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立大会

ニ戦目 対広尾高校
4ー1で快勝。
決勝トーナメント進出。
一回戦は忠生・羽村合同チーム。
一時開始予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立大会

一戦目
4ー1で井草高校に快勝。
次は広尾高校です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人的な思いつき

この時期は色んなところで、合同練習会や大学が開催する大会が開かれています。
今年度になって、本校も色んなところに顔を出すようになり、また大学関係の仲間と顔を合わせるようになり、非常に嬉しい限りであります。

そんな流れに乗って、同期や近い代の教員仲間や道場仲間、大学関係や近隣高校などに声掛けをして、本校において春休みに練習会・試合会を開催できたらどうだろうか?と思っています。

色んなところで開催されている情報は入ってくるのですが、結構混みあってたり、試合だけで経験をそこまで積めないという話も聞いています。

私の恩師達がそんな試合合宿を一週間、この時期に開催しています。
学生時代からの仲間で、年に一度集まり、自分達の教え子同士が切磋琢磨するだなんて、うらやましい限りです。

様々な問題もあると思いますが、そんな物を企画したいなあと思いました。
今日も、大学仲間と集まります。

ご意見・ご参考、コメント・メールにて頂けましたら、幸いです。
なにぶん、無知なもので・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慶應杯

toukoudai

行って来ました、慶応大学。
日吉駅目の前!
本校と同じ環境にありました。
しかし、キャンパスは広く伸び伸びとした環境で非常に良かったです。

会場に着きまして、まず参加校の幅の広さ、また全国から来ていることに、改めて驚きました。
また、非常に優秀校も多々来ているとは思えないような、皆の柔道部顔。
本当に優秀なの?
スポーツ推薦校の生徒なんじゃないの?
と思うような学校もありました。
しかし、本当に優秀な生徒達のようでした。

やはり心がけ一つなんだな。
勉強をいい訳にするのは間違ってるんだなと実感しました。

さてさて、今回は対戦校の情報が何もありませんでした。
到着してわかりました。
リーグ対戦校は茨城竜ヶ崎第一高校と函館ラ・サール高校。
やってみなくては分からない。準備だけは万端に。

そう思いつつ、今回の試合は私の中では足掛け的な気持ちでいました。
この試合でいい経験を積み、国公立大会に乗り込む。
その心構えが、生徒達には悪い影響を与えてしまいました。

ウォーミングアップの意識が大変低かった。

その原点に戻ってしまったのは、非常にショックでした。

試合も当然駄目駄目です。
一戦目、竜ヶ崎第一高校。
まったく動きが違います。
1-2で敗退しました。

二戦目、函館ラ・サール高校。
やっとこさ目が覚めました。
しかし、時すでに遅し。
1-4で敗退。

リーグ3位と最低結果でした。

言い訳はできません。
試合後の話は、技術云々ではなく、心構えという初心者に対して指導することを、現部員達にとくとお話しました。

こんな話をしている段階ではなかったはずなのですが、現実です。

今日の稽古はよく理解した模様の雰囲気がありました。
ゲストも来校してくれて稽古をしました。
大会前ですが、あれだけ昨日気が抜けてたので、調整ではなく、練習の緊張感そのままで大会に乗り込むつもりで軽めですが普通に稽古をしました。
まあ、2試合しかしてませんし、そんな大会前日もいいことでしょう。

さあ、明日はまず団体戦です。
昨年はリーグで敗退してしまいました。
今年はシード権を得て、トーナメントも組まれました。
結果はどうなることやら。

彼らの底力を期待したいと思います。

講道館に9:00に集合です。
明日の試合はアップで決まるでしょう。
実力は付いているはずです。
やることをやって、自分を信じるのみ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ

明日から、追い込みシーズンに入ります!
試合・合同練習と疲れた中での試合・練習が目的です。
怪我だけはないように心がけて行きます。

また、先ほど2年生たちがダッシュで、私の部屋に駆け込んで来ました。
何事かと思いきや、

バリカンをお借りできますか??

結構な勢いが必要だったのでしょう。
大河など前の記事の表彰の写真のように、いい感じだったのですが・・・
ばっさり。

2年生だけ坊主にしたみたいです。
こういうバカ達が大好きです。
こういうバカになれる奴らが最高です。

私、よく言いますが、大学ではバカを学べと。
生真面目・勉強は当たり前。
でも、バカや柔軟さはもっと必要。

明日はまずは慶應杯。
初めての大会なのでどうなることやら?
彼らの意気込みを拝見したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終業式

今日は一年の締めくくりでした。
終業式です。
今年度で退職される先生方の挨拶もありました。
その中で印象的だったのが、

「できる人になるのではなく、できた人になれ」

確かに!と納得しました。

やればできるでは、やらない可能性があります。
すでにやった、経験した、できた人であれば、完璧です。

別の人から聞いた共通する話がありまして、
「勝ち組・負け組どちらも結構!その人たちは勝負に出たのだから。何よりもまずいのは待ち組。待っているのではチャンスは来ない。」

色々無駄はありません。
挑戦あるのみです。

1

今日は表彰もしていただきました。
東京都高体連柔道部から平成17年度の優秀選手賞です。
部長大河が受け取りました。
他の部活の生徒から
「柔道部必ず表彰がありますね~。うらやましい!」
と少々悔しそうでした。

まあ、頑張ってますから。
みんなも頑張ってください。
見てくれてる人は必ず見てます!


リンクを追加しました。
今後ともお世話になります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同練習

1

2

3

4

芝学園と、麻布学園の卒業生が練習しに来てくれました。
うちとしても、試合前に色んな相手と練習ができて非常に有意義でした。
一つ誤算がありまして、以前に国公立の大会申し込み前の練習会でやった練習方法をやりました。
元立ち3分3本∞セット。
人数も20人くらいなので、そんなに長くは持たないだろうとタカをくくってました。

しかし、

いつまでたっても元気な生徒達。
ずっと続いています。

13:30から始まり、終わったの17:30。
元立ち一時間半やってました。

最後に追い込みの30秒打ち込み・30秒間に3本投げを5セット行い、補強運動をして終わりました。

大学生も汗だくになって稽古をしていました。

最近、いろんな学校から合同練習やんないの?
と、問い合わせを頂いています。
予定してなかったので、悩んでいますが、4月にやろうかな?
悩み中です。
中々、まだ本校での年間行事が確立できていません。
でも、求められるのは光栄なことです。
本校にとってもメリットばかりです。

緊急企画中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月予定

 1(土) 10:00~ 研究・反省
 2(日) 休み
 3(月) 9:00~ 出稽古 IN獨協中・高
 4(火) 13:00~ 稽古
 5(水) 9:00~12:00 稽古
 6(木) 始業式・オリエンテーション
      始業式終了後 稽古
 7(金) 各学年実力テスト
      テスト終了後 稽古
 8(土) 9:00~ トレーニング
      10:00~ 研究
      13:30~ 稽古
 9(日) 14:45~ 東京都高体連柔道部総会 IN海城高校
      休み 
10(月) 16:30~ トレーニング
11(火) 15:30~ 稽古
12(水) フリー
13(木) 17:30~ 関東大会東京都第二支部代表者会議 IN国士舘高校
      15:30~ 稽古
14(金) 16:00~ 稽古
15(土) 9:00~ 稽古
16(日) 13:30~ 理工系大学練習会 IN新宿区スポーツセンター
17(月) 休み
18(火) 15:30~ 稽古
19(水) フリー
20(木) 15:30~ 稽古
21(金) 16:00~ 稽古
22(土) 10:00~ 調整
23(日) 8:00~ 関東大会東京都第二支部大会(個人・団体) IN国士舘高校
24(月) 16:30~ トレーニング
25(火) 15:30~ 稽古
26(水) フリー
27(木) 15:30~ 稽古
28(金) 16:30~ 稽古
29(土) 9:00~ トレーニング
      10:00~ 研究
      13:30~ 稽古
30(日) 10:00~ 関東大会東京都大会(個人) IN講道館

いよいよ新年度の始まりです!
3年生にとっては最後の試合。
1年生にとっては最初の試合。
都大会を目指し、頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日体若獅子杯

今日は母校の日体大で若獅子杯という大会の役員をしてきました。
本校生徒達はフリーの日ですが、トレーナーの先生が学校に来られる日なので、体に不安があるものは試合前にチェックしていただきました。
不安要素は取り払い、稽古に試合に集中できるようにしようと思います。

さて、そもそも若獅子杯とは、全国選手権大会の翌日に行われる団体戦で、出場校や順ずる高校が出場する大会です。
ですので名だたる学校が出場しています。
ルールはインターハイと同じです。

今回の優勝は東京の日体荏原、準優勝は静岡の浜松商業でした。
全国大会の次の日だというのに、タフな大会です。
レベルの高いこと高いこと。
審判をやっていましたが、こちらも気が抜けません。(っていつも気合入れて審判やってますので。)
試合に負けてしまった学校から随時、隣のダンス場に作られた特設道場で練習試合です。

そんな折、大会の運営も大事なのですが、今回は別の目的もありました。
それは個人的に注目していました、中京高校です。
昨年度優勝校です。
今回は二回戦で敗退してしまいましたが、以前より監督の先生を存じ上げていました。
それは、柔道界のブロガー、クリーマン先生です。
去年はあまり知らなかったのですが、このブログをやるようになり先生のブログと出会いました。

いつもネタに尽きない、そしていつも楽しいブログを書かれています。
そんなネットから知った先生にぜひご挨拶したいと思っていました。

試合前はお邪魔してはいけない。
試合中はもっての外。
試合後もちょっと間が悪い。
自分も自分で審判でいっぱいいっぱい。

一息ついて、練習試合を見に行き戻ってきますと先生がちょこんと座っていらっしゃいました。
これはチャンス!
さっそくご挨拶。
でも、何を言ったら良いのやら?
訳も分からず、芸能人に近づくミーハーなファンと同じ一言。
はじめまして。ファンなんです。
・・・。
馬鹿丸出しでした。

しかし、先生はいきなりの無礼者にも愛想良く、
そんな方にはステッカーをプレゼントします。
とプレミアのステッカーを二枚も頂いてしまいました。
家宝にします。
そして、それで終わろうかと思いきや。
先生も載りますか?
とおもむろに携帯を出され、パシャリ!
感無量でした。

帰宅後すぐに拝見しましたところ、しっかり載せていただいてました
アザース!
東京クリンチュとして、これからも生徒と共に頑張って行きたいと思います。

今回の選手権と若獅子杯、その前の同期の結婚式と振り返りますと、素晴らしい指導者の方々を見られたと思いました。
充実してました。

明日からは試合に向けて最終調整段階です。
試合期に向けて、どんどん経験を積んでいこうと思います!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

全国高校選手権大会役員

火曜日は朝7時に日本武道館に集合でした。
まだまだ肌寒い朝です。
それとは反面に非常に熱い大会でした。

男子優勝は支部から一緒の世田谷学園です。
もう一校東京代表の同じ支部の国士舘は5位入賞でした。
女子優勝は兵庫県代表三田松聖高校です。
準優勝はこちらも東京代表で同じ支部の渋谷教育学園でした。

中でも印象的だったのは、決勝戦の優勝校の監督の様子です。
今回、試合場統括係り以外で、決勝戦の選手係りでした。
試合を見るのには特等席です。選手達の後ろにいられるわけですから。
毎回やりたいものです。
試合中の監督の声掛け、控えてる選手へのアドバイスなどなど生中継です。
中々見られるものではありません。
肝心の仕事そっちのけで、選手・監督の緊張感に包まれていました。
男子女子とも、私が係りだった赤帯のチームが勝ちました。

全国大会の決勝戦ですから、並大抵のものではありません。
本当にどちらが勝ってもおかしくないのです。

どちらのチームもこの瞬間のために、何百日も稽古を積んできています。
優勝の瞬間の気持ちは想像できない物でした。
間近で見ているこちらも感動して、涙が出そうになりました。
いつも何事があっても動じない世田谷学園の監督の頬が優勝した瞬間震えていたのが、今でも脳裏に焼きついています。

本当にいい物を見ることが出来ました。

うちの選手達には、全国に出ている選手達と同じくらい集中力を身につけよう!
と話しました。
試合を見てそれぞれどんな感想を持ったことでしょう。
1つでも土産を持ち帰られたらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京都国公立大会組合せ

1

2

3

4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試合に向けて

最近は実戦練習に重きを置いて、ひたすら稽古しております。
最近になって、また各個人の技が強力になってきました。
今まで、何で効かないのか?どうやってやるのか?の繰り返しでしたが、やっとこ「あれ?掛かるようになった。こうやってやるんだったのか!」というのが練習で表れています。
というのも、毎日練習している相手では、技も読まれ、互いに中々投げられない練習が続きます。
しかし、最近では身内同士なのに、互いに投げられているのです。
実際、私が乱取り相手をしていても、こちらの芯を捕らえる技になってきました。

まあ、私が順調に衰えてるのもありますが。

この調子で、どんどん行きたいと思います。
練習内容は、大体全体乱取りを40分やってから、勝ち残りの元立ちでひたすら繰り返していく稽古をしています。
疲れているさなか、より追い込み、勝ちたい残りたい気持ちをあおり、気力体力を付けさせています。

そんな中、中学生が練習に来てたり、卒業生も参加したりと、非常に盛り上がっております。

今日は日曜日ですが、稽古です。
昨日、私の同級生が結婚式を挙げまして、大盛り上がりでした。
北は岩手から南は福岡まで全国から友人が駆けつけました。
やはり、中々集まれないものですから、結婚式のときは皆、思い出話に花が咲きます。
また、その同期は一輝の中学時代のコーチでもあったので、生徒も通じて互いの話ができるというのは、本当に嬉しいものでした。

これからは全国の同期や近い年代で合同練習会もやろう!という話も出ました。
場所は本校になります。
夢のような話ですが、企画が立ち上がった際には恒例のものにしていきたいと思います。

生徒達にもそんなつながりの大切さを知ってもらえたらと何よりも思っています。

さあ、試合まであとわずか。
頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

座談会開催

今日の4時間目に開催しました「座談会」。

闘病期間の大変さ、時間の大切さ、仲間の大切さ、家族の大切さ・・・などなど掛け替えのない話をしてくれました。
生徒達も真剣に聞き入り、充実した時間となりました。
この話を聞いたことがある、自分が到底及ばない大変さを抱えている人間がいる、こういうことを生で聞いた経験が非常に大きなものとなると考えます。

何か種が撒かれたらと願っています。

練習のほうは今日はトレーニングです。
久しぶりの長距離ランニング。
春一番が吹いたと思いきや、非常に寒い。

しかし、今日も新たに二名の新一年生が参加。
入部を決めたわけではありませんが、少しでも早くから学校を知りたいという気持ちの表れでしょう。
期待の新人達です。
柔道部のみならず、本校を支える人材となることを願っています。

いつもよりペースを落として走ったとの事でしたが、しっかりついて来れたようです。
徐々に慣れていって欲しいと思います。

明日からは実戦練習主体に切り替えます。
もう試合まであとわずかです。

応援の程、よろしくお願いいたします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

着々と・・・

昨日は午後、全国高校選手権大会の会議が入ったため、急遽午前中に稽古を変更しました。
また、午前中はクラスの保護者会があったため、生徒達のみでビデオ撮影をしながら、映像解析の研究をしました。
また朝、メールを確認しますと、来年度新一年生が「稽古したい!」とのことで、稽古に来ました。

ギュウギュウ詰めの一日でしたが、有意義でした。

研究の方は見ることが出来ませんでしたが、新一年生に感想を聞くと
「自分の技がどうなっているのか?どこがずれているのか?が良く分かって斬新でした!」
とのこと。
今いるメンバーもそこから始めた訳です。
重心の解説を彼らがしてあげたみたいです。
ビデオを見るのが楽しみでありますが、着々と来年度にも向けて進んでいます。
現メンバーも久しぶりの映像解析で、しっかり研究出来たことでしょう。
来週からガンガン実戦練習をやっていきます。

午後は会議が講道館で開かれました。
行ってみて、こちらも着々と東京都高体連のお偉方にはめられているのが良く分かりました。
まず、8試合会場があるのですが、各試合場主任、かなり上の方々が配属されていて、サブに若手が入る感じだったのですが、
なぜか・・・
私が主任・・・!?

以前、恩師と会場係りをやることになり、当然のように恩師はトランシーバーを私に渡し、主任係りをやらされましたが、今回はマジです。
やはり紙で書かれていると、重たいです。
しかも、正面目の前の第三試合場。
準決勝まで私の試合会場であります。
やめてくれ~!!

次にそれで終わりかと思いきや、決勝戦では選手達の試合場への入退場のタイミングを見計らい指示する係り。
私はどちらかというと裏で誰も気づかなかった仕事をちょこちょこっとやるタイプです。
あんまり人前でやる仕事は苦手です。
今まで隠れていたのですが、掘り出され始めました。

何せ競技部部長が日ごろからお世話になっているT輪高校T田先生です。
「この仕事分担、はめられている臭いがするんですが?」
「よく気づいたねえ。いい鼻してるよ!」
「・・・。」

そんな訳ですが、全国大会では選手達が試合に100%集中できるよう心がけていきたいと思います。

ちなみに前日は母校日体大の全国OB総会。
私は会計幹事に。

次の日は母校の若獅子杯の仕事。

どんどん捕まっております。
もう逃げられないのかも・・・。

自分のチームを何よりも第一に、底辺拡大を目指し!
頂点部分でもお手伝いできるようにと思えるように頑張ります・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卒業

3年生が巣立っていきました。
それぞれの進路を決め、高校時代に培った物を武器に。

卒業を前にすると、表情も落ち着き、一皮剥けたかのように見受けられました。
落ち着いていました。
高校生も、学年や機会でどんどん大人になっていくもんだなと、肌身で感じております。
これからも、柔道部で学んだ事を遺憾なく発揮して頑張ってもらいたいと思います。

卒業おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長かった・・・

長い長い試験期間が終わりました。
恐らく徹夜続きで、ボロボロのことでしょう。
そんな事もない者もいると思いますが。

とりあえず、本日はフリー。
トレーニングする者はする。
寝不足の者は帰って寝る。
帰ってからそれぞれのトレーニングもあり。

という訳で、明日から本格的に試合に向けて始動します。
本日のフリーを有意義に使って欲しいと思います。

テストお疲れさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座談会

開催が決定しました。
3月13日(月)に開催します。
お題は病気になってから闘病生活を通じて、何を見てきて、何を感じたかです。
部活とクラスに希望制で用紙を配布し、水曜日に回収したいと思ってます。
少人数のほうが好ましいと思ってます。

どんな会になることやら、楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元生徒

昨日の夜は以前に講師をしていた時の柔道部の生徒(以下Kとします)と飲みました。
卒業して1年目の時の生徒だったので、歳も5歳しか違いません。
そいつは「今の俺の歳の時に先生だったんですね。なんか変な感じがしますわ。」と言っています。
まあ、私もまだ学生気分が抜けていないというか、学生気分のまま講師をしていたかのように思えます。
その頃の勢いが懐かしいです。
Kとも、私が赴任して同じ軽量級だったものですから、結構練習しましたし、どんどん質問もしてきました。

大体、過去の学校の生徒達とはなんだかんだ続いています。
練習会に来てくれたり、家に来たり、年末など一緒に飲んだり。

昨日飲んだKは、結構激しい付き合いです。

彼は3年生の2学期位だったと思います。
急遽、学校を休みだしました。
理由を他の先生に聞くと、

「白血病」

それまで、バカばかりやって、少々問題を起こしたり、明るくムードメーカーだった奴が倒れた。
当時、意味が分かりませんでした。
しかし、それが現実だったのです。

何があるか分からないとはよく言ったものです。

それからは闘病生活です。
何ができるか分かりませんが、とにかく時間がある。
私も一週間程度ですが入院経験はありましたが、ひたすら暇でした。
まあ、元気な怪我の入院だったので比べ物にもなりませんが。
そんな時間を少しでも埋められたらと思い、行ける限り遊びに行ってました。

薬の副作用など散々ありますから、メールで連絡を取ってから行っていました。

行ったらいつもバカ話です。
看護婦さんの話やら、私の近況やら、高校時代実はこうだったみたいな話をしていました。
辛い顔は一度も見たことがありません。
逆に私がいつも励まされている時の方が多かった気がします。
「治ったら先生の学校に柔道コーチしに行きますよ!」
「まずは筋トレからですわ。組み手なら教えられますね!」

そんなこんなで、無事治療も終わり、退院の運びとなりました。
このまま1年間再発しなければ、完治とのことでした。
退院後、Kの同期達をうちに呼び、楽しく時間を過ごしました。

もう終わったんだ、お疲れ!
そんな気持ちで一杯でしたし、Kも今までの遅れを取り戻すべく、下の学年と同じになりながら高校を卒業して大学生になったのです。

しかし、

ドラマであって欲しかった。
現実です。

1年目の日に再発。
何も言葉を発せませんでした。

また、治療の繰り返しです。
今度は完治率も大幅に下がります。
治療さえも耐えうるか分かりません。
治療を終わらせることさえも命がけなのです。

また闘病生活が始まりました。
Kはまだ若く、前にも入院していたので、同じ小児科に入院でした。
小児科といっても、がんセンターなので皆、癌です。

こんなに小さな子が!?
元気に生きようと頑張っている。
まだ小さいから、あまり分かっていない子も沢山いる。

そんなカルチャーショックを受けながら、遊びに行っていました。

そこでも面白エピソードがあり、私、看護婦さん達に教師だとは微塵も思われてなかったそうです。
同級生が遊びに来てるのかと思われてました。
Kの高校でもそうでした。
講師なのに、試験期間中に職員室に入ったら、注意されました。
「生徒は入っちゃ駄目だよ!」
「あの、講師なんですが・・・」
「え、そうなの!?大変失礼しました。てっきり生徒かと思って・・・。」

その話は今でも語り継がれています。

話は戻しまして、また以前のごとく行ける時に顔を出し、バカ話をしてました。
他の患者の同世代の話とかも聞きました。
ドラマのようだと言いますが、ドラマのほうが生易しいです。

数値的に治療も厳しいときがありましたが、Kは乗り切りました。
再発の危険性は以前よりもあります。
しかし、この治療を乗り切ったことが凄い!
奴は今、資格修得も目指し、猛勉強をしています。
来年度からは大学に復学です。

そんな折、先月に治療が終わったので祝杯を交わしました。
4時間くらいでしょうか。
ひたすらバカ話と真面目な話。
無茶苦茶でした。

今も色んな不安に駆られていますが、先を見て生きています。
彼との話で一番印象に残った話があります。
私「治療とか長いと事故とで一瞬で終わっちゃった方がいいとか思っちゃわないか?」
K「俺ら仲間でいつも話してるんすが、治療や余命があるって幸せなことだよな。心の準備ができて、家族とか彼女とかとの時間を大切にできるし。事故とかだったら一瞬で終わっちゃうから何にもできないじゃないですか。だからみんなで事故じゃなかっただけいいよなって話してるんです。だから、生きている間は、自分が生きてた記録・記憶を残したいんです。」

私、恥ずかしかったです。
弱く情けない自分が。

本当の命がけにならなければ、出せない言葉だと思いました。

Kは言います。
「自分は大したことないけど、亡くなった友達とかすんげえと思います。でもすんげえ奴ほど亡くなっちゃってるんすよね。だから、友達とかの頑張りとかそういうことは聞いてくれる人に話したいですね。」
と言ってました。

母校からや、看護婦協会?、テレビからもオファーがあるそうです。
今でも外来などで病院に行くと、医者から他の患者と話してやってくれないかと頼まれるそうです。
そして、メンタルを励まし、元気になってくれた時、嬉しいと言ってました。

そんな奴に少しでも機会を提供できないかと思いました。
人間命がけには本当にならない限り、難しいと改めて分かりました。
そこで、相談したのですが、俺が関わっている今の生徒(部活・クラス)の希望者に話をしてくれないか?
今まで経験したことがないとの事でしたし、そんな大掛かりなものでいきなり本番だと失敗が怖い。
なら、練習のつもりで、まずはうちの学校で少人数とかで座談会のような形式で話さないか?と提案しました。
本人もやってくれるとの了承を得ました。

逃げ道の無い、自分が生きる証を残す。
そんな気持ち、少しでも持って欲しい。
そこまで行かなくても、今の時間がどれだけ大切な物か、本当にそういう者からの言葉で感じ取って欲しい、と思いました。
Kも高校生時代、そんなこと考えたこともないと言っています。
考えないでいられる方が幸せだといいます。
ただ、そういう話を聞いてより頑張ろうと思える奴には話したい、知ってもらいたいと申してました。

部活とクラスで投げかけてみようと思います。
5~6人も集まればやろうと思っています。
時期は補講期間を考えています。

生きる力、生きる証、そういったことを考えられれば、これからの高校生活もまた変わると思います。
高校生活に限らず、人生においてプラスになると思います。

Kは個人情報はガンガン出したいと言ってました。
出して自分の存在を出したいと言ってました。
こんなご時世の中、個人情報保護法より出さない出さないの世の中になっています。
どこの誰だか分からぬ者とチャットやメールでやり取りをし、身近な存在の者のことはさっぱり分からない。
そんな時代の中、本当に大切なことは何か、改めて価値観をしっかり持てる人材を伸ばして行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »