« 試撮影 | トップページ | あれ!? »

頼りすぎ!?

昨日は寝技からしっかり見ることが出来ました。

そんな折り、やはり手首やくさび等上手く使いこなせていない。
もっとその柔道着を握っている手を使ったり利用したら相手を上手くコントロールできるのに・・・
柔道着を握っていることで満足感を安心感を得てしまって、使いこなすことまで気が回らないようです。

それでは柔道着を握れなくしよう。

頼れなくしよう。

柔道着を脱いでの寝技乱取りを追加しました。
まったく戸惑っている様子に、こりゃ効果があるなと実感しました。

今までどれだけ腕を使っていなかったか、いかに腕を使わなければ相手をひっくり返せるか考えているようです。
当分、続けてやろうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

また、立ち技はクイズVS1年という団体戦形式で行いました。

それにより、1本1本の実戦の重要性を感じ、1年生には自身の責任を感じさせ、クイズには軽量級など当たり前に投げさせる緊迫感を持たせました。

中々緊迫していい実戦稽古となりました。

この緊張感を常に持ち稽古に取り組めると得るものが全く変わってくるでしょう。

1年生に言いました。
「もう2年生の戦力はないものと思え。いつまでも2年生がいてくれるなんて思うな。自分達がポイントをとらなくてはならない意識を今から持つこと。いざ本当にいなくなってしまってからその気持ちになるのでは、手遅れになるからな!」

もう1年生も卒業です。
もうすぐ後輩が入ってきます。

そんな強い意志・態度・姿勢を持った先輩としていてもらいたいと思います。

・・・・・・・・・・・

やはり、部活動において経験できる事は本当に大きいことだよなと常々実感します。

責任感やプレッシャー・先輩同期後輩、先生、他校の生徒との繋がりなどなど広がりも半端ありません。
こういったものを知識として知っているのではなく、実際に体験・経験することでどれだけ自分が大きくなれることか。

これにプラス日ごろの授業・帰宅後の1時間勉強・休日の生かし方を日々忙しく暮らしていたら、高校の3年間なんて本当にあっという間だと思います。

大学に入るための高校ではなく、目の前の一日一日を一生懸命に取り組んでいたら、おのずと自身の進路先は見えてくると思います。成果も出てくるでしょう。
高校生ですからそこら辺の自己責任の意識は芽生えている筈です。というか、それこそ成長していなくてはならないことだと思います。

部活に限らず何事でも知識やネットだけで自分の物にしたつもりになるのではなく、経験したからこそ得られた物を糧に、色々目標を持って欲しいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気blog(教育・学校)ランキングへ
↑教育界に乗り込ませてください!クリックお願いします。
BEST32入りありがとうございます!次は2回戦突破!
教育界のハードル高いっス。

|

« 試撮影 | トップページ | あれ!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 試撮影 | トップページ | あれ!? »