« 無念 | トップページ | インターハイ都大会(団体)組み合わせ »

大会結果

0_64 01_30

02_26

<団体>
1回戦
東工大附 ④-1 産技品川
先 観音様 ○(1本:背負落)△ 山仲
次 大仏 ○(1本:支釣込足)△ 辰野
中 むっつり △(1本:掬投)○ 前田
副 クイズ ○(1本:内股)△ 菅原
大 おにぎり ○(技有:背負投)△ 高藤

全員攻めての勝利。
流れを作り、間でつなぎ、最後に決める!

2回戦
東工大附 1-④ 立正
先 観音様 ○(1本:背負落)△ 内田
次 大仏 △(1本:腕ひしぎ十字固)○ 平野
中 むっつり △(1本:袈裟固)○ 重山
副 クイズ △(1本:払腰)○ 鈴木
大 おにぎり △(1本:合技)○ 伊東

一枚上手でした。しかし、全員攻めながらの負け。
詰めの甘さ、もろもろの課題が見つかる貴重な1敗となりました。
観音様の勢いつくりは満点です。

都大会決定戦
東工大附 ④-1 東京工業
先 観音様 ○(1本:背負投)△ 辻
次 大仏 ○(1本:大外刈)△ 神宿
中 むっつり ○(1本:袈裟固)△ 石井
副 クイズ ○(有効:払腰)△ 谷地田
大 おにぎり △(1本:裏投)○ 白鳥

平均100kgのチームに技術とスピードで攻め勝ちました!
3年生の引退も伸びました!!
最後の課題は都大会での初戦突破です。
がんばろう!

<男子>
優勝:日体荏原
2位:東海大高輪台
3位:正則学園
4位:青山学院
5位:日本学園
5位:農大一
5位:高輪
5位:立正
敢闘賞:駒大高
敢闘賞:大森学園
敢闘賞:文教大付
敢闘賞:東工大附

<女子>
優勝:都駒場
2位:東海大高輪台
3位:国士舘
4位:立正
5位:駒大高
5位:青陵
5位:青山学院
5位:農大一

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<個人>
1回戦
66kg級
むっつり △(効果:背負投)○ 高尾(都駒場)
90kg級
クイズ △(反則)○ 小玉(國學院)

2回戦
60kg級
おにぎり ○(1本:合技)△ 中野(攻玉社)
やーさん ○(GS)△ 植田(青山学院)
73kg級
観音様 △(有効:帯取返)○ 鹿野(農大一)
90kg級
大仏 △(1本:背負投)○ 小山(駒大高)

3回戦
60kg級
おにぎり ○(1本:掬投)△ 曽我(都駒場)
やーさん ○(技有:払腰)△ 佐古田(立正)

4回戦
60kg級
おにぎり △(1本:腕ひしぎ十字固)○ 濱里(世田谷学園)
やーさん △(1本:体落)○ 外園(国士舘)

都大会決定戦
60kg級
おにぎり △(有効:背負投)○ 目々澤(芝)
やーさん △(1本:足払)○ 早元(正則学園)

個人戦は残念ながら都大会には駒を進めませんでした。
クイズも払い腰で頭から突っ込んでしまいました・・・。
まだ、個々の力が弱い証拠です。
団体の方が皆力を出せている気がします。
もっと、心が強くならなければですね。
しかし、今回やーさんは2度も誤審にあいました。
1度はGSをやってもらえず、旗判定で負けに。間違いに他の先生から言われ審判団がやり直しGSで勝利。
2度は国士舘戦。世界選手権の篠原選手の内股透かしを思い出しました。内股透かしで1本のはずが最初は場外と言われ無効。場外は修正され場内になり効果は「技有」・・・。誰が見ても「1本」でした。
かなり酷な体験をしました。
これからに生かします。
おにぎりの才能が開花しつつあります。今まで我慢に我慢をしてきたものが一気に爆発し始めています。
この姿を後輩たちも気づき、これからの部活動の積み重ねの大切さを知ってほしい。

60kg級
優勝:関根(国士舘)
2位:金子(世田谷学園)
3位:山田(東海大高輪台)
3位:外園(国士舘)
5位:濱里(世田谷学園)
5位:吉川(正則学園)
5位:中村(学芸大附)
5位:桑原(芝)
敢闘賞:目々澤(芝)
敢闘賞:橋本(都青山)
敢闘賞:熊田(都青山)
敢闘賞:早元(正則学園)

66kg級
優勝:米村(国士舘)
2位:大野(世田谷学園)
3位:斉藤(都駒場)
3位:山田(日体荏原)
5位:坂井(世田谷学園)
5位:岸(東海大高輪台)
5位:根橋(東海大高輪台)
5位:伊藤(正則学園)
敢闘賞:藤田(駒大高)
敢闘賞:平野(立正)
敢闘賞:家村(九段)
敢闘賞:登(国士舘)

73kg級
優勝:海老沼(世田谷学園)
2位:鈴木(国士舘)
3位:住谷(国士舘)
3位:辻原(日体荏原)
5位:川久保(正則学園)
5位:小島(東海大高輪台)
5位:相馬(東海大高輪台)
5位:福田(世田谷学園)
敢闘賞:秋葉(駒大高)
敢闘賞:青木(日体荏原)
敢闘賞:川添(都駒場)
敢闘賞:宮崎(農大一)

81kg級
優勝:小林(日体荏原)
2位:一戸(国士舘)
3位:依田(東海大高輪台)
3位:大野(世田谷学園)
5位:矢部(世田谷学園)
5位:佐藤(国士舘)
5位:小山田(東海大高輪台)
5位:平岡(日体荏原)
敢闘賞:納所(都大附)
敢闘賞:藤原(正則学園)
敢闘賞:遠山(正則学園)
敢闘賞:原(暁星)

90kg級
優勝:春山(国士舘)
2位:釘丸(国士舘)
3位:木村(日体荏原)
3位:本間(世田谷学園)
5位:林(世田谷学園)
5位:田村(東海大高輪台)
5位:花田(日本学園)
5位:上形(東海大高輪台)
敢闘賞:田中(日本学園)
敢闘賞:尾形(正則学園)
敢闘賞:小山(駒大高)
敢闘賞:久保田(農大一)

100kg級
優勝:寺島(国士舘)
2位:村上(日体荏原)
3位:辻坂(国士舘)
3位:本多(東海大高輪台)
5位:星野(東海大高輪台)
5位:井澤(世田谷学園)
5位:五十嵐(駒大高)
5位:新井(日本学園)
敢闘賞:谷(日本学園)
敢闘賞:鈴木(立正)
敢闘賞:井梅(東京実業)
敢闘賞:小林(世田谷学園)

100kg超級
優勝:百瀬(国士舘)
2位:上鍵(国士舘)
3位:森内(日体荏原)
3位:福岡(世田谷学園)
5位:中島(正則学園)
5位:望月(大森学園)
5位:赤井畑(東海大高輪台)
5位:桃(正則学園)
敢闘賞:山本(駒大高)
敢闘賞:前田(東海大高輪台)
敢闘賞:?石(東京工業)
敢闘賞:榎本(大森学園)

・・・・・・・・・・・・・・・・

人気blog(教育・学校)ランキングへ
↑昨晩は悔しく寝むれませんでした。
↑ランキングクリックお願いします。(36
位)

|

« 無念 | トップページ | インターハイ都大会(団体)組み合わせ »

大会結果」カテゴリの記事

コメント

リンクを貼らさせていただきました。

私が去った後の彼らの本性がでた写真が↓です。
http://www.easeup.org/?eid=58#sequel

投稿: 顧問 | 2007/05/22 17:42

監督及び青学OBさんのコメントを読んでも、(その試合を見ていませんが)無念さが伝わってきました。でもこういう辛い経験をバネにして、次の試合で一層飛躍して欲しいと思いました。

linkの件okですし、試合の写真も自由に利用頂ければ幸いです。(ピンボケで申し訳ありませんが)
3枚目の写真、監督・コーチ・選手が一緒になってひとつの目標に向けて挑んでいく感じがでていると思います。

投稿: mich | 2007/05/22 16:12

>青学OBさん、コメントありがとうございます!

分かってくれていた人、見てくれていた人がいるだけで、心が癒されました。
あれはきつかったです。
決してうちの学校だけではないと思うのですが、皆が国士舘・世田谷・日体荏原・東海大高輪台・正則学園の背中を見て、いつか倒す!と目標としている存在です。
実力では当然素人では勝てないでしょう。
しかし何があるか分からないのが柔道ではないでしょうか?
そんな運も実力のうちと思っているのですが、その運を踏みにじられた思いで悔しくてなりませんでした。
人間が見る種目ですが、それがあってという前提で試合運営はしてはならないと思います。

今後の私自身もしっかりとした審判ができるよう改めて心がけ、また支部全体の意識も高められるような存在になろうと思いました。

青学は今回支部4位、おめでとうございました!
関東大会の時の不運を払拭されたのではないでしょうか??H野先生も内心は大喜び??かな?
都大会ではお互い頑張りましょう!!

投稿: 顧問 | 2007/05/22 09:15

>michさん、コメントありがとうございます!
応援に来ていただけたとは、存知もしませんで失礼いたしました。応援の力が本校を勝利に導いていただけたのだと思います。これからもよろしくお願いします!
監督ながら叫んでいる姿、毎度毎度恥ずかしいと思いながらも声が出てしまう顧問であります。

また、併せましてリンクさせていただいてもよろしいでしょうか??

投稿: 顧問 | 2007/05/22 09:09

昨日試合を見ていた青学のOBの物ですが60kg級の国士舘の選手との試合の誤審はひどかったと思います。あれで一本を取ってもらえないようだったら競った試合での有効や効果など取ってもらえませんから番狂わせを起こすのが難しくなりますね。高校から柔道を始めた選手にとっては国士舘や世田谷の選手を倒すということは最大の目標と言ってもいいものですから昨日の試合はとても残念でした。一回戦でも最初からGSをやっていればお互い流れを切らずにGSに挑めたはずなのですが・・・
高校を卒業してからもこのブログを見ると第二支部の様子が事細かに分かるのでとても助かっています。
これからも拝見させていただきます。

投稿: 青学OB | 2007/05/21 20:14

個人戦は残念でしたが、団体戦で次のstepへの進出おめでとうございます。監督として「嬉しくて~・・・」とまではいかないと思いますが、次のチャンスでまた頑張ってください。

当日、国士舘道場にて僅かな時間でしたが、試合を見ましたので、その簡単な感想と写真を自分のblogに記載しています。写真の無断掲載容赦方。11時から30分間(1試合)だけでしたが、試合結果と照合すると、快勝の3試合目だと思います。その前の試合は見ていませんが、次に繋がる内容だったと思いました。やはり団体戦では先鋒戦は大きな意味を持っていますね。

応援に気持ちが入っていると、写真をとるのも忘れてしまい、結局2枚しかとれず、且ついずれもピンボケになってしまいました、深謝。
以上

投稿: mich | 2007/05/21 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無念 | トップページ | インターハイ都大会(団体)組み合わせ »