« お仕事 | トップページ | 今できること »

「受け」の大切さ

今日も研究。

立ち技は連絡技。
寝技は三角。

いずれも皆掛ける方は一生懸命です。
が、いかんせん受けが下手。
掛けるよりも受けが上手くなる方が難しいかな?

受けは実戦を想定した緊張感ある受け、技を導く受けなどなど、受け次第で取りの成長が大きく変わります。

打ち込みなどもやはり上手い受けをしてくれると打ち込むほうも自然といい打ち込みが気持ちよく無駄なくできます。
下手だと余計な力が入ったり、ペースが乱れたりで取りは気持ちよく上手に稽古ができません。

立ち技ではバランス、重心を合わせて導いてくれる受けだといいですね。
寝技なら拮抗を意識してくれて、防御や返しなどスパイス的に入れてくれると最高です。

それくらい柔道を理解してないと駄目だということです。
ただ立っていればいい、寝てればいいは受けではありません。受けていません。

私も自分ができるようにと練習していた学生時代と、人に教えることを考える教員時代とで、だいぶ味の違いを感じています。
人にアドバイスする、協力することほどこそ、実は自分が伸びると思われます。

思いやりなど、そういうことだと思います。

柔道を通じて色々学んでいこう。

|

« お仕事 | トップページ | 今できること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/42481890

この記事へのトラックバック一覧です: 「受け」の大切さ:

« お仕事 | トップページ | 今できること »