« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

出稽古第一弾

今日は専修大学附属高校に出稽古に行ってきました。
10時からスタートして終わったのは14時過ぎだったかな?

非常に集中力の高い稽古でした。

生徒皆の意識も高く、非常に刺激になり、技術的にも明日の研究に生かせる内容となりました。

課題が多いということは非常に喜ばしいことです。
どうしてできないか分からない、ということではなく、出来ない理由がどんどん分かっていく、出来ていないことがどんどん分かっていく。

裸の王様では恥ずかしい。でもまだまだ裸の王様が部員にはいます。気づいてくれないとアドバイスできません。精一杯気付くようにしているのですが・・・。

稽古では恥じらいを捨て、試合でプライドを持てるようになろう!

また9日14:30~に出稽古に伺うことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月予定

1(金) 16:00~ 稽古
2()  9:00~ トレーニング
     10:00~ 研究
     14:00~ 出稽古(独協)
3() 9:30~ 出稽古(浦和東)
4() 8:30~ 出稽古(春日部)
5() 9:30~ 稽古(青学来校)
6() 9:30~ 出稽古(県千葉)
7(木) 休み
     体育祭準備
8(金) 体育祭後、ストレッチ
     17:30~ インターハイ代表者会議(国士舘)
9() 稽古(出稽古?)
10() 休み
11(月) 16:00~ トレーニング
12(火) 試験一週間前
     15:30~17:00 稽古
13(水) 15:30~17:00 稽古
14(木) 15:30~17:00 稽古
15(金) 16:00~17:30 稽古
16() 8:00~9:00 調整
17() 8:00~ インターハイ支部大会(国士舘)
18(月) 休み
19(火) 中間考査
     都大会出場者1時間稽古
20(水) 中間考査
     都大会出場者1時間稽古
21(木) 中間考査
     都大会出場者1時間稽古
22(金) 中間考査
     試験終了後稽古
23() 9:00~ 調整
24() 8:30~ インターハイ都大会男子個人・女子団体(講道館)
25(月) 16:00~ ビデオ研究
26(火) 15:30~ 稽古
27(水) フリー
28(木) 15:30~ 稽古
29(金) 16:00~ 稽古
30() 9:00~ トレーニング
     10:00~ 寝技
     13:30~ 立技
31() 休み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今が大事

今この練習をおろそかにしたら、もう先はない。

この感覚・想定・イメージなどなどを少しでも現実と重ね合わせて、実行する。

インターハイの要項が届きました。

3年生、最後の要項です。

この緊張を自分のものにしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断

今日の午後は健康診断です。

柔道部は健康過ぎるかな??

一年に一度、まだまだ成長期ですから、数字の変化が楽しみでしょうね。

年をとると、別の数字が不安になってきますが、まだ私は平気なようです。
体重だけは本当にまずいですが。

ゴールデンウィークがゴールデンウィークになります。
中身濃くしていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストスパート

試合を終えて、最初の稽古。

今日は10名の体験&見学生徒が来てくれました。
というのも顧問が声かけして来てくれたのですが今後、どう展開していくか!?

まだまだ悩んでいる人がいたら、部活動で得られることを柔道部に伝えさせてください。
大きく将来に役にたつでしょう。

稽古はパターン稽古が中心です。
やはり柔道は難しい、というか考えなければできません。

自分中心で考えるのではなく、相手がどのように動くのか、自分が相手をどのように動かしたいのか、その方法論が明確でなければ、せっかく投げることのできる技を使えずに終わってしまいます。

でも、入れば投げれるレベルまで1年も経っていませんができるようになりました。
急激なスピードでレベルも上がっています。
あとはやはり実戦での結果が目の前まで来ているから欲しい。

土曜日は個人戦の都大会です。
マイカーが色んなことで忙しい中、柔道を頑張り、都大会の切符を手に入れました。
都大会の対戦相手も過去に対戦した選手です。
実力で都大会に出られたことは本当にうれしいことです。思いっきり大舞台を満喫したいですね。

男子はその刺激を受けて、インターハイで切符を手に入れよう。

ゴールデンウィークを始め、インターハイまでの期間は他支部に出る予定です。
基本、外に出て実戦、学内ではパターン稽古。

実戦力を高めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大会東京都第二支部予選会結果

<団体>
1回戦
東工大附 ⑤-0 國學院
2回戦
東工大附 0-④ 日本学園
都大会決定戦
東工大附 2-③ 高輪学園

<個人>
男子
ニュートン BEST32
女子
マイカー 敢闘賞 都大会進出

<男子団体>
推 薦:国士舘
推 薦:日体荏原
優 勝:正則学園
準優勝:東海大高輪台
三 位:世田谷学園
四 位:駒大高
五 位:日本学園
五 位:都駒場
五 位:立正学園
五 位:大森学園
敢闘賞:高輪学園
敢闘賞:芝学園
敢闘賞:東洋
敢闘賞:東京実業

<女子団体>
推 薦:渋谷教育学園渋谷
優 勝:都駒場
準優勝:駒大高
三 位:農大一
四 位:國學院

<男子個人>
優 勝:井上(国士舘)
準優勝:田中(国士舘)
三 位:山本(日体荏原)
三 位:片岡(世田谷学園)
五 位:佐達(正則学園)
五 位:小林(世田谷学園)
五 位:菊池(正則学園)
五 位:田中(日体荏原)
敢闘賞:花村(日本学園)
敢闘賞:高橋(東海大高輪台)
敢闘賞:上田(日本学園)
敢闘賞:前田(東海大高輪台)

<女子個人>
-48kg級
優 勝:大槻(都駒場)
準優勝:吉田(農大一)

-52kg級
優 勝:福本(渋谷教育学園渋谷)
準優勝:金内(駒大高)
三 位:小林(都駒場)
三 位:岡本(都駒場)
敢闘賞:中条(駒大高)
敢闘賞:マイカー(東工大附)

-57kg級
優 勝:上村(渋谷教育学園渋谷)
準優勝:森(駒大高)
三 位:草開(都駒場)
三 位:菅原(都駒場)
敢闘賞:田崎(東海大高輪台)
敢闘賞:五味(文教大付)

-63kg級
優 勝:山盛(国士舘)
準優勝:伊原(東海大高輪台)
三 位:吾妻(渋谷教育学園渋谷)
三 位:小倉(渋谷教育学園渋谷)
敢闘賞:柳楽(都駒場)
敢闘賞:坂田(駒大高)

-70kg級
優 勝:矢澤(都駒場)
準優勝:間瀬(渋谷教育学園渋谷)

78kg超級
優 勝:平田(渋谷教育学園渋谷)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

執着心

なんでしょう、この寒さ。
おでんをまだ置いているコンビニは正解ですね。
食べたくなりました。

しかし練習は熱く。
集中はいいのですが、まだまだ気付かなければならないことがたくさん。

ですがもう試合は目の前。今気付くことでどれだけ相手に通用するかが課題です。
お互い手の内は知り合った者どうしばかりの試合です。
しかし、練習と本番は違います。
まったく違います。
何が起こるかわかりません。

本番の醍醐味、緊張感を味方にしよう!

学校では体育祭の準備など密かに動き始めています。
各競技、クラブ対抗リレーなどなど。
今は生徒会・実行委員の頑張りどころですね。
応援してます。

明日は調整です。
トレーナーからもチェックをしっかりしてもらおう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東大会東京都第二支部組み合わせ

「関東大会東京都第二支部組み合わせ」をダウンロード

総会が終わったと思ったら、すぐに大会。忙しいシーズンです。

学校でも体験で何名か着替えてやっていました。

柔道部は例年結構シャイな生徒が多いので、いつも落ち着いてから入部希望が出てきます。こちらも慌てず、構えて来てくれた生徒を裏切らぬよう準備しておきます。

でも、たくさん来てくれると嬉しいですよね。ちょっとさみしいですが。

いかんせん顧問は大会モードですから、なかなか器用に気持ちを持っていけません。

新1年生、待っています!

大会は日ごろからよく練習している学校と対戦です。

といっても、どこと当たってもいつも稽古している学校ばかりですね。

本当にいろんな所が本校と稽古してくれています。

恩返しには勝ちをもぎ取らねば!

今日は卒業したダイスケが稽古に来てくれました。キャンパスが近いところなので、よく来てくれます。一番近いはずの者はまだ一度も来ていませんが、そのうち毎日来ることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国公立結果

国公立東京都大会結果
団体:敢闘賞
個人:86kg級5位入賞

0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総会

講道館で今年度の総会がありました。

総会の前に、今年度から大幅に変わるルールについての説明。

審判によって解釈が変わる場面が予想されますが、移行期はやむを得ないと言ってはいけないかもしれませんが、あるでしょうね。

しっかり合議やジュリーが機能してその場が納得いくようにし、反省材料・情報交換が早くに温度を揃えることができるでしょうね。

でも当分審判はしたくないな、というのが本音のところでしょうか。
・ズボンを握ってはならない。(技の後ならOK)
・場外は完全に二人が出るまで。
・効果がなくなる。(指導1は判定材料に入らない)
・重量級ならば相手をつぶす攻撃・軽量級なら組ませない組み手には「指導1」
などなど。
やりながら覚えていきます。
でも大会が多い高体連・中体連ですからやはり経験で身に付きますかね。

これから大会が目白押しです。

最先端をいく第二支部?で鍛えられます。

また、有名人も先生に戻られ、総会に参加していましたが、どこからも引っ張りだこでした。
まずはみんな学校の先生ですし、学校での信頼を応援したいと私は思いますが。
個人的には期待の新人、後輩が中体連で講師をしていたのですが、試験に合格し都立高校に引っ張られ、先生としてデビューしました。こちらも暴君タイプ?ですが、人を引き付ける能力を持ってるので楽しみです!

明日は関東の支部抽選会です。
本校は昨年シードを落としてしまいました。
這い上がるしかありません。
会議には私は学校の会議があるので、遅れて参加予定です。

模造紙の書き方も変わりましたから、気をつけねばです。

さてさてやっていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保護者会

今日は気持ちがいい快晴でした。
体もちょっと動かせば、すぐに汗ばむ陽気です。

今日は一日稽古でトレーナー熊さんも来てくれました。
体のチェックやトレーニング、稽古相手と十二分に甘えてしまいました。

その間、顧問は午後の保護者会に出席です。
担任ではなく、生徒部ということで。
先日は1年生全体に話させてもらいましたが、今日は保護者。
いつも話すことが頭の中で散らばっていながらなので、行き当たりばったりです。

でも主旨は話せたのでいいかな。

素晴らしい学校に入ったのではなく、素晴らしい学校にして欲しいですね。
科学技術に特化した学校ですから、なおさら学校生活をしっかりして、ただの点取り屋などにはならないで欲しい。
点数を取ることと同じくらい「何か」を見つけて没頭して欲しいです。

過去、私も小学生~中学生の頃は点取り屋でした。
でも、その後の方が、自分を形成しています。

知識情報は授業受けてれば必ず入ってきますので、課外時間や日常生活・生活習慣を規則正しく、友好的に活用する高校時代にしてください。

保護者と学校が同じスタンスで生徒の成長を見ていたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新学期

新学期が始まり、全学年テストです。
頭ほぐし運動でしょうか??

新体制も不慣れな中、始まっています。
部長:ニュートン
副部長:大乃国
トレ長:お奉行様
ぎこちないですが、皆で支えあっています。

1年生が放課後、いろんな部活を見学に回っています。
柔道部にも1人体験入部に来てくれました。なんとなく柔道に興味があってだそうです。

部員達全員高校から始めたんだよって言ったら驚いてましたね。
驚くでしょうね。

柔道部の体操・補強運動・コアトレ・受け身をして切り上げました。
明日は筋肉痛かな?
まずは新一年生が入ったら、体つくり・心つくりからの部ですから、ご安心ください。

10人入ったら飯に連れて行きます!!
昨年は惜しくも2名足らず。。。
今年はどうでしょう。

来週頭に授業があるので、早速お話に行ってきます。
特別な話ではなく、普通な話です。

私にとって柔道部で一番大事な仕事かもしれませんね。

これを理解してもらえた生徒達で入ってくれたら、自然に頑張るし勝手に上手になっていきます。

ただ、今風邪で声が最悪です。
なんとか来週までに復活せねば!!

柔道部という名前を変えたいですね。
イベント部みたいな名前で、日常は柔道をやってますという感じで。

早く合宿に行って温泉・食事・アイスが食いたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柔道部について

しばらくトップに置きます。
↓最新記事は次からです。

1、週4日(火・木・金・土)の稽古

2、部員の仲がいい

3、他校との交流(合同練習会合宿・遠征など)

4、心強い外部スタッフ(医療トレーナー・コーチ)

5、温泉合宿(展望露天風呂が快適)

6、食事トレーニング(食べ放題!)

7、体つくり(痩せられる・鍛えられる)

8、「講道館柔道弐段」の資格を修得でき、将来履歴書に書ける

9、情報交換が盛ん

10、文化祭焼き鳥屋(2年連続準優勝)

11、オリジナル柔道部バックを持てる(NHKトップランナー出演トネリコデザイン)

12、柔道の授業(2年次)でヒーロー

13、熱い保護者会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食トレ&入学式

昨日、世代交代食トレに行ってきました。
がっつり焼き肉です。
昼間にも関わらず、お店は満員。
その勢いに負けずに、生徒達はガンガン攻めていきました。
D1000002 D1000003_2 D1000005 D1000007 D1000008 D1000009

                                                 

今日は入学式です。
大学の桜が満開でポカポカ陽気の中、厳かに行われました。
0 01 02

新入生に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月予定

6(月) 始業式
     11:00~ トレーニング
     13:30~ 食トレーニング
7(火) 入学式
    本校戻り次第 稽古
8(水) 対面式
     フリー
9(木) 1年:基礎学力調査、2・3年:実力テスト
     15:30~ 稽古
10(金) 16:00~ 稽古
11() 9:00~10:00 トレーニング
     10:00~12:00 寝技
     13:30~16:00 立技
12() 10:00~ 総会IN講道館
13(月) 16:00~ トレーニング
     17:30~ 関東大会抽選会IN国士舘
14(火) 15:30~ 稽古
      顧問会議
15(水) フリー
16(木) 15:30~ 稽古
17(金) 16:00~ 稽古
18() 9:00~ 調整
19() 8:00~ 関東大会支部大会IN国士舘
20(月) 16:00~ ビデオ研究
21(火) 15:30~ 稽古
22(水) 健康診断(午後)
      フリー
23(木) 3年模擬試験
      15:30~ 稽古
24(金) 3年模擬試験(午後)
     16:00~ 調整
25() 8:30~ 関東大会都大会(男女個人)
26() 9:00~12:00 ビデオ研究・稽古
27(月) 休み
28(火) 15:30~ 稽古
29(水) 9:00~10:00 トレーニング
     10:00~12:00 寝技
     13:30~16:00 立技
30(木) 15:30~ 稽古

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手応え

部員の柔道のやり方の意識が徐々に近づきつつある気配がします。

まだまだこちらのイメージが伝わりきっていないか、イメージはできてるが中々実践ができないか。

柔道の原点は「体つくり」と考えています。

脳・神経・血管・筋肉・皮膚諸々です。

寝技はどういう訳か安定しているというか、出来てる感じです。でも気を抜くと大事な場面で寝技でやられるので気が抜けません。

まもなく4月の予定をアップしますが(色々アップできてませんが・・・。)大会目前です。

昨日も他校と濃い練習試合ができました。もっと実戦を味わせたいところですが、後は気持ち一つで大会に臨み、本番の中でも伸びることができますので、大事に大事にしてほしい。

この経験が、後から物凄い効果を発しているのは言うまでもありません。

人生最後の絶壁に立たされてる訳ではないのですから、思いっきり追い込んで自分の限界に挑戦です。

自分の殻をどんどん破り、人間力をつけて、試合で結果がついてこれるよう期待しがんばろう。

月曜日はトレーニングと、世代交代食トレです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同練習

今日、明日とちょっと軽く声を掛けて合同練習をしました。

軽く声を掛けたところ・・・。
H2142_009

いつも通りの人数が集まりました。
ありがたいことです。

とにかく今は柔道の応用をいろんな相手で試すことがしたい。

気持ちも見習いたい。

明日は午前中稽古、午後は練習試合です。

少しでも多く経験を積んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひたすら

今日はひたすらビデオと柔道理論の研究。

稽古の中で気付いてほしかったことを説明。

いくらやってもきりがない。負けて悔しい気持ちばかりが顧問として溜まっている。

生徒たちも真剣にやっている。

顧問は稽古時間以外でもどうしたらいいか、頭で考えている。

例年この時期は幹部交代。でも顧問はそんな気にもなれないくらい切羽詰まっているので、話題にも出さなかった。

でも生徒から出てきた。

生徒は冷静みたいだ。

形式や肩書など、今はどうでもいいくらい負けてますけど。

やっぱり形式は大事なのかな?それこそ後回しでよくないか?

顧問はそんな気分にもなれないので、報告は特に聞く気にもなれないし、部長を変えるエネルギーをまわす余裕はとてもじゃないけどありません。

勝てんのか?

せめて、明日・明後日の合同練習終わってからでもいいんじゃないか?

国公立のブログに結果を載せました。
ごらんください。
本校は団体敢闘賞・個人1名5位入賞のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »