« 慶應杯争奪柔道大会 | トップページ | 合同練習 »

ひたすら

今日はひたすらビデオと柔道理論の研究。

稽古の中で気付いてほしかったことを説明。

いくらやってもきりがない。負けて悔しい気持ちばかりが顧問として溜まっている。

生徒たちも真剣にやっている。

顧問は稽古時間以外でもどうしたらいいか、頭で考えている。

例年この時期は幹部交代。でも顧問はそんな気にもなれないくらい切羽詰まっているので、話題にも出さなかった。

でも生徒から出てきた。

生徒は冷静みたいだ。

形式や肩書など、今はどうでもいいくらい負けてますけど。

やっぱり形式は大事なのかな?それこそ後回しでよくないか?

顧問はそんな気分にもなれないので、報告は特に聞く気にもなれないし、部長を変えるエネルギーをまわす余裕はとてもじゃないけどありません。

勝てんのか?

せめて、明日・明後日の合同練習終わってからでもいいんじゃないか?

国公立のブログに結果を載せました。
ごらんください。
本校は団体敢闘賞・個人1名5位入賞のみです。

|

« 慶應杯争奪柔道大会 | トップページ | 合同練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/44533470

この記事へのトラックバック一覧です: ひたすら:

« 慶應杯争奪柔道大会 | トップページ | 合同練習 »