« 出稽古第一弾 | トップページ | GWクリア »

今日は久しぶりの校内戦を行いました。

インターハイの団体でのベストメンバーを選ぶための材料です。

まずは部内での切磋琢磨が外で生きてきます。

校内戦の面白さもありましたが、やはり目指す姿勢が低い。

もっと相手の芯に伝わる技を修得して欲しい。

校内戦ですでに勝ち負けばかりを意識したようでは、校内で勝ったとしても校外で通じません。

入れない技を繰り返していてもいつまでたっても入れません。

壁です。

越えなければ、越えるために考えなくては。

人の反応や、自分の考えがマッチすると技の入りが見えてきます。
体もその方向に動き始めます。

でも、考えなく理想の姿なく、人の反応無視では通じません。

柔道の魅力はそこにあると思っています。
力任せでなく、虚をつく。
合わせられるから、ずらすことができる。
合わせている中だから、ずらすことが効果的になる。

コミュニケーション能力の一つです。

柔道や様々なスポーツはその共通する動きがあるから、言葉が通じなくても通じることができる。
お互いにそのスポーツに共通理解することで分かり合える。

各種目・分野の魅力を理解することで色んな世界に共通し、幅が広がることは間違いありません。

自分の世界のみでの理解では周りともコンタクトを取れません。

まずは壁にたどり着きました。
今までは壁もなく、ひたすら知っていくことに努めていました。
壁に当たったところから、本当のスタートです。

壁を避けてしまったら、成長できません。
壁を壊すのではなく、乗り越える。その方法は必ずあります。
考える回路をどんどん広げていこう。

明日は午前中トレーニング・研究、午後は独協に出稽古です。

|

« 出稽古第一弾 | トップページ | GWクリア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一心に都大会の切符のみを目指しています。

他のことに気が回らなく、困っています。
まだまだ顧問が未熟な中、生徒たちは頑張っています。

応援ありがとうございます。
お体ご自愛ください。

投稿: 顧問 | 2009/05/07 18:07

17日は、これまでの稽古の集大成が、チーム全体としてうまく自然体で発揮できるといいですね。時間があれば国士舘道場に観戦に行く予定です。講道館へのステップを期待しています。

投稿: mich | 2009/05/06 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91655/44857802

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 出稽古第一弾 | トップページ | GWクリア »